2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Google

  • Google先生は偉大

スポンサー飲み物

  • A8
  • amazon
  • 楽天市場

2018-11-24

JPLAY FEMTOを JRiver 24を使って再生する方法

JRiver Media CenterでJPLAY FEMTOを操作するとネットワークオーディオの概念が解る

 
JRiver Media Center(以下JRiver)は人気のオーディオ再生ソフトです。単体再生ソフトとしても高音質で高機能なのが特徴です。DSDを始めハイレゾ再生はもちろんのことネットワーク再生のサーバーになったりコントローラーにもなり、これほど音質と利便性を両立したソフトは中々ありません。
 
以前このJRiverにJPLAYドライバーを組み合わせて更なる高音質と利便性を両立した方法を紹介しました。単体PCではこれでも十分使えるソフトになりました。
しかし、これができたのもJRiver 23まででした。
 
JRiver 24になってからはこのJPLAYドライバーを使う方法が、以前のようにはできなくなってしまいました。(私が知らないだけであるかもしれません)
この方法は特に1台のPCのみでPCオーディオされてる方には大変重宝される方法です。
 
しかし、JPLAY FEMTOではDLNAに変わったことで、DLNAのプッシュ再生機能で単体PCでもJRiverとJPLAY FEMTOが連携させることができるようになったのです。
方法は簡単ですので是非続きを読んで試してください。
 
 
 

» 続きを読む

2018-11-21

中華製RJ45コネクターで Audio用自作LANケーブル

オヤイデ切り売りLANケーブルIS-707に合うコネクタがない?

 
ネットワークオーディオをしていると、オーディオ機器に接続するケーブル以外のケーブルも気になってきませんか?
PCオーディオにはUSBケーブルがありますが、誰もがご存知オーディオには使えたもんじゃない規格なので対策は必須ですね。
ではLANケーブルはどうでしょうか?LANは音楽用のファイルを転送したり、ネットワークオーディオ機器をコントロールアプリで操作したりしています。音楽ファイルは転送するだけなので音質には直接影響しないようにも思いますが、いざ、ケーブルの素材やシールドの構造などを変えてみると音質がコロコロ変わります
 
デジタルですからファイルが変化することは有り得ない。ですが、ファイルを処理する際にコントローラーやプロセッサにかかる負担が変化すると、最終的に音質に影響していきます。
そのためオーディオにはオーディオ用LANケーブルを使うことを強くお勧めします。
 
しかし、オーディオ用LANケーブルはとても高い!しかも必要な長さで売られていないことが多い!
ならば自作しちゃえばいーやん!!
というわけでネットワークオーディオに最適なオヤイデのIS-707切り売りイーサネットケーブルで自作する方法を教えちゃいます。
 
 
 
 

» 続きを読む

2018-11-17

USBカードでDACを外部電源化する方法

PCオーディオのボトルネックであるUSB電源を改善するには?

 
PCオーディオで最も使われているUSB-DAコンバーター(以下DAC)は簡単にハイレゾ再生でき、安価ながらも比較的高音質再生ができるのが魅力的です。しかしながらUSBの規格上、外部電源を使わないバスパワー駆動のDACはPC内蔵のATX電源から供給された電源を使わざるを得ない為、音質が今一つ据え置き型には敵いません。
 
PCオーディオの流行のおかげで、外部電源化やDACに拘った本格的なUSB-DACをオーディオメーカーから製品化してきましたが、なかなか手の出せる価格帯ではありません。
また、バスパワー駆動のUSB-DACを外部電源化するAurorasound BUSPOWER-PROやiFi Audioのnano iUSB3.0等がありますが、それでもだいぶいいお値段します。
 
そこで私は最近覚えた三端子レギュレータによる電源を使って、バスパワー駆動のUSB-DACを外部電源化することにしました。
そして安価にUSBを外部電源化するために、USB拡張カードを使います。

» 続きを読む

2018-11-04

新製品JPLAY FEMTOの使い方と感想

JPLAYの新製品今までとは全くの別物!!

 
2018.10.31にJPLAYの新製品であるJPLAY FEMTOがリリースされました。
JPLAY6.2とは全く別の製品となり、音質の印象も随分と変わっています。
 
大きく変わった部分はメディアサーバー機能が新たに加わりました。しかも、6.2で採用されていたネットワークのガイドラインであるOpenHome MediaではなくDLNAに変更になりました。それに伴いJPLAYStreamerのレンダラー機能が廃止。代わりにDLNAのレンダラー機能とサーバ機能が追加。これは更なる高音質化の実現の為だそうです。
 
OpenHome MediaでもDoPによるDSDファイルのネイティブ再生は可能ですが、FEMTOサーバーから直接再生したDSDファイルの音質はまさにDSDの音ともいうべき音質に仕上がっています。
 
また、これまでの試用版の仕様が変わり、機能はフルで使用できますが21日間の期限があります。アップグレードのキャンペーンもあるので取り急ぎ試用版を試されたい方もいると思い、簡単に使い方だけでも記しておこうと思います。
 
 
 
 

» 続きを読む

2018-10-17

豊澄のHT-125トランスでオーディオ用リニア電源自作 その2

ルータ用電源交換で音質に影響するのか?

 
以前ルーターを交換したらネットワークオーディオの音質改善する記事(ルーター交換でネットワークオーディオの音質に影響するのか? )を書きました。そして前回はトランスから作ったリニア電源でPCトランスポートのストレージに電源を供給して(TOYOZUMI-HT-125トランスでオーディオ用リニア電源自作 )音質改善しました。
次にUSBカードの外付け電源として使用してみるつもりでしたが、実験のためにケースから出したり色々面倒なので先にルーター用電源として使ってみることにしました。
 
ストレージ用は5Vですがルーター用は12Vです。でも電圧設定用の抵抗を追加(交換)するだけで簡単に12Vに設定できます。これが可変レギュレーターの便利なところですね。
ついでにケーシングしてしまったので紹介します。

1539598982347

 
 
 
 

» 続きを読む

«TOYOZUMI-HT-125トランスでオーディオ用リニア電源自作

SNS

  • SNS






  • ランキング

はてブ

  • ブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたに

  • おすすめ