2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Google

  • Google先生は偉大

スポンサー飲み物

  • A8
  • amazon
  • 楽天市場

« FE83Enダブルバスレフエンクロージャー完成(自作) | トップページ | JPLAYコントロールアプリ BubbleUPnPの設定 »

2017-08-10

初心者向けJPLAYStreamer設定ガイド 単体PCでネットワーク再生編 

単体PCでネットワーク再生の設定

 
JPLAYで最高音質にするには
デュアルPCモードでネットワーク再生が一番になります。

でもそこまでしなくていい、という方もいるかもしれません。
そこでサブシステムにも最適な
単体PCでネットワーク再生をお勧めします。
 
サーバーさえ構築しておけば
PCにJPLAYをインストールするだけでネットワーク再生が可能です。
デュアルPCモードの場合
ファイアーウォールの設定をしないといけませんが
ホームネットワークに接続すればすぐ再生可能です。
 
これなら複数のPCが無くても、
便利かつ高音質再生が可能です。

1470684456196

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

用意するものと準備
 

  1. サーバー用PC(NASでも可)
  2. コントローラー(コントローラーアプリ)
  3. ルータ(無線LAN付きだと便利)
  4. Audio用PC
  5. USB-DACかDDC(なくても可)
 
サーバーの構築は以前の記事を参考にしてください。
ルータは普段使用しているものでかまいません。
ない場合は安物のものでかまいません。
 
Audio用PCにJPLAYをインストール
USB-DACのドライバーをインストール
 
コントロールアプリはサーバー用PCか
もう一台のPCもしくはスマホにインストール
 
最も簡単で使いやすいアプリはこちら
 
ネットワーク設定
 
IPアドレスは指定する必要はなく自動割り当てでOK。
サーバとAudioPCのLANケーブルをルータに挿すだけ
コントロールアプリを入れたデバイスもルーターに接続。
 
 
JPLAY設定
 
コントロールアプリを立ち上げ
レンダラーをJPLAYStreamerに指定します。
サーバー選択し、ファイルを選んで再生してみます。
 
JPLAYSettingsはデフォルトのままで再生してみます。
もし再生できない場合はPlaying Viaから変更していきます。

今回は例としてDS-DAC-100mの場合の設定です。

Jplaystreamer22
 
Playing ViaはUSB-DACのドライバーであればどれでも再生可能と思われます。
KS:ドライバーが推奨です。
 
EngineULTRAstreamとなっていますがClassicでも可能でした。
 
AudioPCは必ずThis computerにします。
 
Bitstream
通常Normal でOK
DS-DAC-100mはForce 24 Bitでないと再生できませんでした。

 
Bitperfect Volume
は必要に応じて設定
 
Polarity
NormalでOK。音源が逆位相の場合変更する。

 
DAC Linkは170Hzまででした。
それ以下の数値であれば再生可能で音質傾向が変わるので好みで変える。
 
 
PC Buffer
は0.01secondsまで、好みに応じて値を変えます。
DAC Linkに依存する設定になります。 
 
XtreamSize
はPCに搭載されるRAMに依存するので、
最小値(250)から徐々に大きくしていきます。 
 
Throttle
 通常はOFFのまま,
デュアルPCモード用の設定で
音楽に関係ないプロセスの優先度を下げます。
 
Hibernate modeは「ON」にすると
音楽に関係ないプロセスを強制的に停止します。
マウスも操作を受け付けなくなるので、
音楽を止めたい際は挿しておいたUSBメモリを抜きます。
 
設定を変更したら「OK」を押すと適応されます。
 

USB-DACによって設定が異なりますので、
各々で設定を探ってください。
 
 
DS-DAC-100mではDoP再生はできませんでした。
ハイレゾは再生できますし、ちゃんとCD音源との差は出ます。

 
最近のPCであればオンボードの音声出力でも
音が出せるので、わざわざUSB-DACを購入しなくても
JPLAYでネットワーク再生は可能です。

 
 
 
 
単体PCでネットワーク再生のメリット
 
PCオーディオにこだわり始めると
デスクトップパソコンとノートパソコンどちらが音がいいのか、
どのメーカーのマザーボードがいいのか、
気になってきます。
 
余裕のある方は
色々買い替えて試してみると楽しいかもしれません。
単体PCであればJPLAYのインストールもすぐですし
何より面倒な設定が少なくて済むので
比較検証にはもってこいだと思います。
 
マニアックな方だとスティックPCでJPLAY再生する方もいます。
  
メインシステムを立ち上げるのが面倒なときや
オーディオルーム以外で音楽を聴きたい時などに
PCにJPLAYをインストールしておけば
簡単にネットワーク再生が可能です。

ただしコントロールアプリがKazooやKinskyですと
複数のJPLAYStreamerが立ち上がっていると
再生できなくなってしまいます。

そんな時に便利なのがUpplay
AndroidアプリのBubble UPnPです。
これらのアプリはJPLAYStreamerを個別に認識してくれるので
聴きたいシステムを指定して再生することができます。
 
次回はこれらのアプリの設定を説明していきます。
 
 

 

※2017.11.14修正

OSがWindws7の場合JPLAYStreamerが起動できないので
レンダラーPCにすることができません。
Windows10にアップグレードするか
Windows Server 2012R2を導入しましょう。

 

 
 
 

今回使用したDS-DAC-100mの詳細は▼

 
 KORG USB DAC DS-DAC-100m

 

 

 

 

関連記事
 
初心者向けJPLAY設定ガイド 単体PCモード編
 
初心者向けJPLAY設定ガイド デュアルPCモード編
 
初心者向けJPLAYStreamer設定ガイド
 
JPLAYをfoobar2000で再生

 
WindowsServerのCOREモード再生
 

 

 

« FE83Enダブルバスレフエンクロージャー完成(自作) | トップページ | JPLAYコントロールアプリ BubbleUPnPの設定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2340315/71371204

この記事へのトラックバック一覧です: 初心者向けJPLAYStreamer設定ガイド 単体PCでネットワーク再生編 :

« FE83Enダブルバスレフエンクロージャー完成(自作) | トップページ | JPLAYコントロールアプリ BubbleUPnPの設定 »

SNS

  • SNS






  • ランキング

はてブ

  • ブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたに

  • おすすめ