2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Google

  • Google先生は偉大

スポンサー飲み物

  • A8
  • amazon
  • 楽天市場

« 海外サイトでネットショッピング!! AliExpressの使い方その2 | トップページ | 2つのPCを1つのATX電源で稼働できるのか? »

2017-08-26

XMOSからLPFのみでDSD再生

XMOSのI2S出力からLPFのみでDSD再生できる?!

 
先日AliExpressで注文した
XMOSのDDCとDACが無事到着しました。
 

1503385608432

まずやりたかったのは手持ちのPCで
JPLAYのDAC Link700Hzによる再生が
XMOSのDDCで可能なのか?ということです。
 
XMOSのドライバーにテシコン社製を使うと
レイテンシーやバッファーを設定でき
簡単にDAC Link700Hz再生が可能となります。
 
それともう一つやりたかったのは
DSDをLPF(ローパスフィルタ)のみで再生できるのか?
ということです。
DSDは1bitデジタルになるわけですが
PDM方式(パルス密度変調方式)←詳しくはググって
なのでLPFを通すだけで音楽再生が可能なのです。
 
 

 

JPLAYでDAC Link700Hz再生の設定

 
テシコンのドライバーをインストールすれば
設定するだけで簡単にDAC Link700Hz再生ができます。
 
しかし、テシコンのドライバーは
コンシューマー向けに用意されていないそうです。
メーカーから配布されていないとインストールしても
数十秒に一回ビープ音が鳴りますので注意してください。
 
なのであえてリンクは貼りません。ご自身で探して下さい。
 
 
PCの構成
  • MB P55MX
  • CPU i5 750
  • RAM 4GB(方チャンネル1枚刺し)
  • OS Windows 10 HOMEクリエイターズアップデート済み
 

Xmos2

インストールしたらコントロールパネルを開きます。

Xmos3
 
開いたらバッファーセッティングを開き
USBストリーミングモードを「ミニマムレイテンシ」
ASIOバッファーサイズを「最小の64サンプル」
にします。
 

Xmos4

あとはJPLAYSettingsでDAC Link700Hz
PC Bufferを0.01seconds
EngineをULTRAstreamにします。
 
あとはいつも通り再生します。
 
 
どうでしょうか
DAC Link1Hzと比べると繊細さが増し
空間表現が豊かになったように感じます。
DS-DAC-10RではDAC Link170Hz止まりでしたが
DAC Link700Hzはさらに情報量が増えているようです。
 
しかし、このXMOSとDAC自体の作りが甘いせいか
DS-DAC-10Rよりもノイズ感が残り
全体的に雑な音になってしまいます。

さすがにビープ音が鳴ってしまうと普段使用はできないし
総合的にもDS-DAC-10Rのほうが今のところ上ですね。
 
 

因みにネットに落ちているXMOS用のドライバーは
レイテンシーなどの設定はできませんが
ビープ音もなく再生可能です。
下記にあるLPFのみ再生ができれば
このDDCとLPFがあれば最安でDSD再生できます。

 
 
 

LPFのみでDSD再生!
 
今回のメイン目的がこれです。
I2S出力のDSD信号をLPFのみで再生可能なことは知っていました。
しかし、手持ちのDS-DAC-10RがどこにI2S信号が流れているのか
基盤を見ただけでは私にはサッパリです。
 
そこでXMOSのDDCが必要になったわけですが
普通の製品ですといかんせん高い。
人気のAmanero製 Combo384でも結構いい値段します。
 
そして何かいいのがないか探していたら
AliExpressのショップからなら安いXMOSのDDCが
買えそうだということを知りました。
 
それが今回購入したXMOSのDDCになります。
当然I2S出力が可能です。
合わせてI2S入力のDACも購入しました。
が、本来の目的はこのDACではありません。
あくまで再生確認用。
 
再生方法はちょこビットさんのブログ を参考にしました。
 
用意するのは抵抗とコンデンサのみ!!
本当にこれだけで音が出るのです。
 
手持ちの部品になかったので
とりあえず壊れたATX電源の基盤からちょうどいいのを探しました。
 

1503605018482

抵抗は550Ωぐらい
コンデンサは0.01uFです。
LRCKとDATA信号に抵抗とコンデンサを繋げます。
グランドはコンデンサの片足ずつをつなぐだけです。

1503685234293

1503674617251

出力に100均のミニプラグを装着

 

 
初めはアンプも壊れると怖いので
ヘッドホンのみ接続しました。
再生するファイルはもちろんDSD!
 
緊張の瞬間!!!
インジケーターの青色LEDが光る
音が出たー!!!!!
 
普通に鳴ってます。
普通に鳴っています。
 
何なら一緒に買ったDACよりもいいんじゃない?
というぐらい綺麗に鳴ってます。
 
自作のUSBフィルターも通しているせいか
ノイズも感じません。
試しにDAC Link700Hz再生もしてみます。
やはり設定の差は出ています。
繊細で豊かな音です。
 
本当にこれだけでいいのか?という感じです。
何も足さない、何も引かない
交じりっ気のない純粋なDSD再生。
これが本当の生DSD再生?
やっぱ、生はいいねえ!!
 
 
しかーし、曲を切り替えた時などポップノイズが出ます
これでは常用できません。
だからDAC基板は必要なのかな。
でも安物のDAC基板は
音圧が大きいファイルを再生すると
クリップしているせいなのかブチブチノイズが出ます。
 
LPFのみだとこのノイズは出てこないので
DAC基板のほうに問題がありそうです。
何より基盤のシルクに書かれている数値と
違うコンデンサや抵抗が載っています。
でも一応鳴っているのでどこに原因があるのか
サッパリわかりません。
 
今度数値通りの部品に変えてみますか。
 
 
もう一つ気になったのが販売業者のページでは
ASIOネイティブでDSD11.2MHz再生が可能とあったけど
Fobar2000でも再生できませんでした。
ちょこビットさんによるとラズパイでは可能だったようです。
Windows用のドライバーの問題ですかね・・・
 
 
 
 
今回購入した製品は詳細がわかりません。
でも並行輸入品でamazonでも購入可能のようです。
興味がある方は試してみては?
ただし手数料分高くなってますがAliExpressから買うよりは安心かと。

PO Sourse XU208最新XMOS USBインタフェースアップグレード版U8/ DAC [並行輸入品]

 
 
 
 

« 海外サイトでネットショッピング!! AliExpressの使い方その2 | トップページ | 2つのPCを1つのATX電源で稼働できるのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2340315/71524852

この記事へのトラックバック一覧です: XMOSからLPFのみでDSD再生:

« 海外サイトでネットショッピング!! AliExpressの使い方その2 | トップページ | 2つのPCを1つのATX電源で稼働できるのか? »