2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • A8
  • amazon
  • 楽天市場

« ジュンフロン銀メッキ単線でオリジナルSATAケーブル作成 | トップページ | ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定 »

2018-07-25

オーディオ用original PCケース自作 デュアルマイクロATX仕様

無いのなら作ってしまえPCケース

 
自作PCユーザーの楽しみの一つにケース選びがあります。
ケースはMiniITX用の小さいものからフルタワーの大きいケースまで、色々なタイプがあります。
私は趣味で音楽を聴くためにPCを利用していますが、現在のオーディオ用PCはなんとPC2台構成なのです。
2台のマザーボードが入るケースはありますが、汎用性を持たせるために無駄に大きいサイズのケースしかありません。そこで私が使用しているmicro ATX2台がちょうど収まるサイズでデュアルPC専用ケースを作りました。
今回は無駄に装飾にもこだわってみたので満足のいく仕上がりになりました。

1532235736405

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

PCケースの構想

 
今回PCケースは2台のマザーボードを一つのケースに収めるわけですが、できるだけ小さく収めたいのと、市販のアルミ板をできるだけ加工しないで作りたいと思います。
更に初めて作ったPCケースを分解し、できるだけ安く作れるようにしました。
 

1523883285820

1523883305094

今回はフレームに板を合わせる簡単な構成にします。先ずは大まかな構成案をボール紙で作ってみます。これをモッド(模型)という
フレームをアルミのLアングルで構築し、その周りをアルミ板で覆う形にします。

1523883358897

いつもは拡張カードなどは使わないのですが、オーディオ用に必要なので拡張ベイも考慮して作ります。

1523883401303

2台のマザーボードはメンテナンスも考慮して背中合わせの状態で収めるようにします。
そして電源はなんと1台だけです。オーディオ用PCはさほど消費電力が多くないため、1台でも十分に2台分のPCを稼働できます。
 
 
 

アルミ材で作成

 
 
 
以下と同じ内容を動画にしました。再生の模様もあります。
 

1532230035136

1532230108057_2

今回はフレームに板を合わせる簡単な構成にします

1523588492402

一部の部品は以前作ったケースから流用します。
先ずはフレームを寸法に合わせ切り出し。
Lアングルでフレームを作る際に気を付けなければいけないのは、アングルが重なる分厚みを考慮して寸法出しをしないといけません。
 

1532230193487

1532230212884

1532233218206

アングルだけでは安定無いので、マザーボードを載せるベース板を折り曲げ加工して、フレームと連結させます。ベース部分は前作の流用。
アルミ板の曲げ加工は前回の記事を参考に。
実は微妙に真っ直ぐ折り曲げられませんでした。
 

1532230282165

バックパネルは2台のマザーボードが入るので2つのIOパネルを切り抜きます。ここはずれてしまうと入らなくなるので精度を上げて加工します。拡張カード用の穴は、気密性を上げるために必要最低限の穴だけ空けます。
 

1532230358909

サイドパネルはケースファン2つ分の穴を空けます。今回CPUファンは使わずケースファンの吸入だけでCPUクーラーを冷やします。
サイドパネルは1枚の板から切り出しました。切断方法はYouTubeを参考に
 
 

1532234166570

マザーボードの一つはIOパネルが無いので自作しました。こちらも必要ない穴は空けないようにします。
 

1532233202318

1532233989026

1532234006259

各パネルをフレームに取り付けていきます。
バックパネル側のアングルは、拡張カードを取り付けるために外側に張り出すようにしています。

1532234495044

1532234541199

電源の取り付け

1532234655425

ATX24ピンは自作の分岐ケーブルでスプリット!買うと5000円もする。
 
 

1532235655721

1532235675646

各マザーボードの取り付け
 
 
ストレージ用ステー

1532319715187

1532319867141

1532320140430

1532320151251

オーディオにはSSDのほうが音質的にも使い勝手もいいので3.5インチは考えてません。
 
 
天板部厚さ調整 

1532319531889

1532319565827

天板を取り付ける際に拡張カードの取り付け部が天板に干渉するので平棒で厚みを付けます。
 
 
 
天板及び底板

1532320243035

1532320492478

1532320506271

使わなくなったファンから切り出したリブをナット代わりに裏から固定

1532321693863_2

1532320566643

壊れた電源ケースからメッシュ部を切り出し

1532328679363

1532328689534

メッシュはホットボンドで固定

CPUのTDPにより発熱具合が違うので、風量を調整するためにメッシュとファンガードであえて変えています。実際はテープなどで微妙に調整します。

1532330247904

CPUクーラーにスポンジで枠を作り、直接吸入した風が通るようにします。こうするとケースファンのみでCPUが冷やせます。
 
 
フロントパネル

1528952476748

1529884757047

1529867780022

Dsc_0137

今回オーディオ用ケースなので、見た目のデザインは一切考えませんでした。なのでそのままでは武骨すぎるケースになるので、遊び心でフロントパネルに装飾を施しました。
しかも無駄に厚みを持たせネジ穴を見せないために2枚重ねにしています。
なんと合計10mm厚!!
 
前回のDIYパソコンケースをサンドブラストしたら格好良すぎた! の記事でサンドブラストをやってみたのですが、思いのほか格好いい仕上がりになったので今回も施しました。
フロントパネルのデザイン画は”カウボーイビバップ”のオープニングの1シーンです。このシーンはシルエットに2トーンで構成されているので、サンドブラストを通常のアルミナ仕上げとガラスビーズで仕上げで分けました。ガラスビーズによる仕上げは”梨地”仕上げといって高級感のある仕上がりになり、見る角度でアルミナ仕上げと微妙に光方が違って見えます。
サンドブラスト詳細は次回記事にします。
 

1532341409571

1532498381786

フロントパネルと化粧板を取り付ければ完成!!
 
 
 

総括

 
作り始めてから完成まで約3か月かかりました。構造は簡単でも加工が多く精度も必要なため1つの工程でも結構時間が掛かりました。
実は構想段階の思惑が外れていて当初より加工が増えてしまいました。直すことも可能でしたが修正が面倒なのと、後付けで何とかなりそうなので直しはしませんでした。それでも一応思ったものはできたので良しとする。
 
 
各部品参考価格(最寄りホームセンター)
 
     
部品サイズ価格
天板、ベース板 300×400厚さ2        1940
底板 300×400厚さ1.5        1640
サイド×2枚 300×400厚さ1.5を半分        1640
フロントパネル 200×400厚さ5      1736×2
フレーム
(アルミアングル)
15×15厚さ1.5長さ2000       516×2
フレーム厚さ調整(アルミ平棒) 15厚さ2長さ2000       378×2
フレーム厚さ調整(アルミ平棒) 15厚さ3長さ1000          ?
化粧板(アルミ平棒) 25厚さ2長さ2000       578×2
 
 
他必要な部品
皿ねじM3
皿ネジM4
鍋頭ネジM3
 
 
PCパーツ構成
 
コントロールPC 
MB G41C-GS
CPU Core 2 Duo E8300
RAM DDR3 2GB1枚
 
オーディオPC
MB P55MX
CPU Core i5 750 2コア駆動
RAM DDR3 2GB1枚
 
共有電源 サイズ CORE POWER2 CoRE-400-2007
 
ケースファン OMEGA TYPHOON CFZ-120LA
 
 
PC部品のこだわりはありません。これからよさそうな部品を入手次第、アップデートしていくつもりです。まずは電源をニプロンにしてみたい。
 
 
フロントパネルの装飾はまた磨けば別の新しいデザインで遊べるので、気が向いたらまた何か作ってみたいです。
以上最後まで読んでいただきありがとうございます。
もっと細かい部分が見たい方はコメントかメールをどうぞ。Twitterでも可です。
 
 
 
 
 
 
使用工具
 
金工用やすり
カッターナイフ
 
 
 
 
関連記事
 
 

« ジュンフロン銀メッキ単線でオリジナルSATAケーブル作成 | トップページ | ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ用original PCケース自作 デュアルマイクロATX仕様:

« ジュンフロン銀メッキ単線でオリジナルSATAケーブル作成 | トップページ | ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定 »

SNS

  • SNS






  • ランキング

はてブ

  • ブックマーク
    このエントリーをはてなブックマークに追加