無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

2020-04-27

新しいPC-Audioの伝送方法LAN-DACの技術Direttaを試してみよう!!

Direttaの伝送技術とは

 

PCオーディオといえば、USB-DACを使ってPCからファイルをDACに伝送して音楽を再生する方法が一般的だと思います。(他にも色々あるけど)
 
USBでもアシンクロナス(非同期)転送方式やASIOやWASAPIなど音質を改善する技術がいくつか出ています。またUSBケーブルをオーディオ用に変更したり、外部電源化して改善する方法もあります。

だがしかし、USB規格自体、電源線と信号線を平行に送っている為オーディオ用に向かない構造となっており、PCオーディオユーザーは頭を悩まされています。

そのUSBオーディオの様々なデメリットを克服すべく開発されているのがDirettaの伝送技術です。
DirettaはUSBではなくLANで信号を伝送します。
 
LANなら従来のネットワークオーディオと変わらないじゃないかと思われるでしょう。ですが、UPnPやDLNAなどのように再生を安定させることに重点が置かれている通信ではネットワーク機器(プロセッサ等)の負担が変動し、その変動による消費電力の変動が起き不安定な電源供給によって発生する低周波ノイズが音質に影響を及ぼします
その消費電力の変動を極力抑えるために通信の“平均化”を行う技術がDirettaの伝送技術です。←着眼点が凄い!

 

そして2020年に流行している新型コロナウイルスにより自粛の影響で家にいる機会が多くなったPCオーディオユーザーの為に、期間限定でDirettaのお試し版が公開されました。
以前から気になっていた技術なので早速試してみました。
再生環境構築は簡単ですので皆さんも是非やってみましょう!

5_20200427040401

» 続きを読む

2019-12-19

オーディオ向けSATAケーブルの作り方

2019年はオーディオ用SATAケーブルを自作し実験を沢山してきました。

SSD直結から始まり、銀メッキ線から試して、純銀線、オーグライン、+α、+Pt、等を試し、シールドの種類や使い方を試行錯誤して一応の最適解が見つかったので公開いたします。

Dsc_0337

» 続きを読む

2019-10-07

Buffalo 製NAS LS411DXのHDD換装してみたら

HDD換装を前提していないNASのHDD交換方法

 

Buffalo LS411DXを購入してから3年が経ち大分音がうるさく感じてきました。HDDの稼働時間も3万時間を超えていたのでHDD交換しようかなと思い立ちました。

SynologyやQNAPのようなHDD交換ができるNASはいいですが、使いきり前提のような市販のNASは交換できるのか?メーカーに修理依頼してHDD交換すればいいですが、新品買った方が安くね?といった声を耳にします。HDDも年々容量が増加し、当然データも増えていくものですからいずれにせよ交換することになります。

 

だがしかし、自作PC組める程度の人間にとって容量いっぱいになったからNASごと交換。など勿体無くて気軽に買い替えはできません。

ならば物は試しとBuffalo製NAS LS411DXのHDD換装に挑戦してみました。Comcam_20190912_113810355

LS411DXのHDDは3.5インチですが2.5インチを買いました。大丈夫か?
しかも普通のノートパソコン用でバルクです。元々のHDDもウェスタンデジタル製デスクトップ用でした。

 

» 続きを読む

2019-09-06

卓上ボール盤SDP-300Vのベアリング交換したら芯ブレは減るのか

卓上ボール盤の芯ブレ対策

 

 

ミニボール盤のモーターが壊れてからお手頃価格の藤原産業 SK11 卓上ボール盤 SDP-300Vを使用しています。

購入時にチャックは交換してあり不満なく使用していましたが、なんとなく芯ブレが気になりだしてきました。よくアルミ板を加工するために穴あけをしますが、どうしてもアルミ板にドリルビットの先がワークに触れるところで位置がぶれるような気がしていました。

 

そこでベアリング交換してみようと検索してみると、SDP-300Vの改造をされている方を発見したのでそちらを参考に交換してみることにしました。

SDP-300V のドリルチャックをユキワ 13MG-6JT に換装

Comcam_20190826_112710293

新しく購入したNTN製のベアリング

 

 

» 続きを読む

2019-08-04

JPLAY旧日本語デスクからの脅迫メール

商品を購入した代理店から脅迫を受けたことがありますか?

 

普通は、よほどのことをしない限りあり得ません。でも現実にあるのです。

私はあります。

それはJPLAYというPCオーディオの再生ソフトの日本語公式サポートを運営していた旧デスクによるもので、当ブログで投稿した記事に色々注文を付けてきて、しまいには「記事削除しないと法的手続きするぞ」と脅してきます。

そのきっかけは2019.3.3の記事、ネットワークカードIntel I350-T2が届いたが、しかし?!で、JPLAY FEMTOのアクティベーションができなくなった時に日本語フォーラムでアクティベーション解除方法について質問してからでした。

 

上記記事でも書いてますが、質問した後フォーラムを出禁になり問い合わせするにも(確かフォーラムに記載されたパスワードが必要?で)できず、仕方なしに本家JPLAY.euに問合せしました。

このことを旧デスクは「問い合わせは受けた覚えはない」と、私の質問を無かったことにして難癖を付けてくるようになりました。

その後話をどんどん湾曲させ記事削除を指示してくるようになりました。

 

アクティベーション解除は本家JPLAY.euによって解決したので、旧デスクからの脅迫をJPLAY.euサポートに報告し、しばらくしたのち旧デスクを更に煽る行為を私が起こしました。そしたら案の定Twitterを中心に炎上。他の旧デスクの被害にあわれたユーザーが沢山現れました

これを機に旧デスクを解任に追い込めないかと思っていたわけですが、私には横の繋がりが足らず目的達成には至りませんでした。

 

そして2019年7月に旧デスクの暴走により、みみず工房さんのライセンス解除をきっかけに日本語公式デスクの解任(詳しくはみみず工房さんのブログと掲示板を参照)となりました。

 

JPLAY日本語公式ページも削除されたので、旧デスクからの脅迫メールを公開します。

内容はたいして面白くありませんが続きをどうぞ

 

 

» 続きを読む

«オーディオグレードSATAケーブルの大事なところ