« Dellのネットブックmini9の修理 SSDを交換したらまだ使えた! | トップページ | ネットブックDell mini9 分解改造 »

2016-08-06

linuxbeanにWDC-150SU2MBKを取り付けと設定

 
 

交換したSSDにWindowsをインストール

 
LinuxBeanでライブUSB起動できたのですが、
無線LANカードが使えなかったので
Windowsを入れて故障してないか確かめてみます
無事にSSDの交換を終えたDell mini9
一度Windows XPをインストールしてみたが、
思ってたより動作がモッサリだったので次にWIndows7を入れてみました。
 
 
ネット上でもSSDを容量アップさせたmini9に
7をインストールしておられる方たちが結構いて、
必要なドライバーなど紹介してくれていたから
無線LAN含めすんなり使えるようになりました。
 
そして7が入るなら7より軽いらしいWindows10も入るんじゃね?っと、
勢いづいてアップグレードキャンペーンで配布されていた
Windows10をMediaCreationToolx64.exeというツールを使い
USBメモリからインストールしてみた。
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
 
さすがにWindows10は重かった?
 
だがしかし、しばらく動かしていると何やらすごーく重くなってきたのだ。
なんだなんだ?とタスクマネージャーを開いてみると
ずーっとCPUを使ってるプロセスがあるのだ。
しかも1GBしかないメモリも一杯に占有されている
何がどうなってるんだとググってみますと原因は
Windows10の自動メンテナンス」機能らしいです。
 
 
メインPCは既にWindows10にアップグレードしてあるのですが
このような症状は全く感じたことが無かったのでびっくりしました。
Windows10はある程度のスペックを持ってないと使い物にならないようだ。
というわけでmini9のデュアルブートは保留にして
SSDに直接linuxbeanを入れることにした。
 
 
 
SSDならlinuxbeanがサクサク
最初にlinuxbeanでmini9の起動確認をした時
前記事 )と同じ要領でSSDにインストールしてしまいます。
インストール時はネットは有線接続でしているので無線接続する前に
linuxbean設定ウィザードで必要なソフトをインストールしておきます。
 
 
 
内臓無線LANカードがlinuxで動かない( ̄Д ̄;;
次に無線LAN接続のためのドライバーインストールですが、
Windowsならドライバーをインストールすれば使えました。
しかしlinuxbeanの場合内臓無線LANカードは使えなかった。
Windows上ではスイッチで切り替えるドライバーで無線LANカードが使える仕組みらしく、Linuxではそのようなドライバーが無いから使えない。
 
せっかくなので
速度アップも兼ねてUSBの無線LAN子機を買ってきて使うことにした。
買ったのはELECOM WDC-150SU2MBKが近くの家電量販店で1000円以下だったからこれにしました。
しかしメーカーにはLinux用のドライバーが用意されてない!
 
BUFFALO製の無線LAN子機であればデフォルトで使用可能だったようです。
先に調べてから買えばいいのにといつも買ってから後悔するのです!
 
まあ、買っちまったのはしょうがないので
とりあえずグーグル先生に聞いてみますとやっぱりいくつかヒットしたので
一番わかりやすかった記事を参考にドライバーをインストールしてみます。
 
                                                                       
  • ドライバインストール手順
 
初めに、
参考にした記事では別のPCでドライバー(rtl8188eu)をダウンロードしてUSBメモリにコピーしていますが、わざわざこうする必要はなく
推測ですがUbuntuをインストールしている最中に
時間短縮のためにやっていることだと思われます。
 
私も最初はこうしないといけないのかと思ったのですが、
先を読み進めればインストールするPCにファイルがあればいいので
他のPCからUSBメモリでコピーする必要はないようです。
 
 
 
参考記事ではUbuntuでしたが
Ubuntu派生のlinuxbeanでもやることは同じなので
 
 
  • 端末を開きまして
 
ドライバーインストール前にgitプログラムがインストールされてない場合は下のようにしてインストールしておきます。
 
$ sudo apt-get install git       でEnter
 
 
$ git clone https://github.com/lwfinger/rtl8188eu
でドライバーをダウンロード
 
 
追記
ドライバーダウンロードの前に↓の[$ pwd]と[$ cd rtl8188eu/]をしてからダウンロードする。
cdコマンドはディレクトリを作ることみたい
↑特に意味なかった。USB子機を抜いたりするとドライバーが認識しなくなったりしておかしなことしてました。
 
 
gitをインストールしたらドライバーをダウンロードでOK
以下に続く
 
 
$ pwd                            でEnter
 
 
/home/ubuntu                となる
 
 
$ cd rtl8188eu/              でEnter
 
 
~/rtl8188eu$                  となるので続けて
 
 
$ make all                      でEnterして続いて
 
 
$ sudo make install         で実行、パスワード要求されたら入力しEnter
 
 
$ ls -l 8188eu.ko            でEnterしてmakeが成功したことを確認できたら
 
 
$ sudo insmod 8188eu.ko     でEnter
 
 
$ lsmod | grep 8188    grepの前の"|"は¥のShift押し
でEnterしたらモジュールの追加が成功したことを確認(8188eu  66○○○○ 0と出る)して
 
 
$ iwconfig
でEnterするとインストール完了する
ネットワーク接続設定でSSIDとパスワードを設定すればつながる。
 

Dsc_0014_2

 

無事自宅ルーターに接続できた!

 

Linuxのコマンドの意味が分からなくても概要が分かればなんとかなります。

解らないときはググればなんかしらの解決策が見つかります。

LinuxBeanはlinux系ディストリビューションの中ではものすごく易しくできてるので取っ掛かりにはもってこいだと思いますよ。お試しあれヽ(´▽`)/

 

 
それでも面倒くさくてやってられない人は無難にBUFFALO製を買えばいいと思うよo(*^▽^*)o
 
 
 
 
 
 
 
参考価格は画像をクリック!
 
 
 
 
 
 
 
 

« Dellのネットブックmini9の修理 SSDを交換したらまだ使えた! | トップページ | ネットブックDell mini9 分解改造 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

linux」カテゴリの記事

PC改造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: linuxbeanにWDC-150SU2MBKを取り付けと設定:

« Dellのネットブックmini9の修理 SSDを交換したらまだ使えた! | トップページ | ネットブックDell mini9 分解改造 »

無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • Clarity
  • アドセンス
  • LinkSwitch
  • 楽天市場