無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

« JPLAYに完全敗北の音楽プレイヤーはRAMDISKで対抗する | トップページ | DS-DAC-10Rの分解&除電フェルト施工(静電気除去) »

2016-11-12

Hi-Res音楽の新しい聴き方 PrimeSeatの使い方

 
 

あなたはハイレゾ音楽をどのようにして聴いていますか?

パソコンのHDDに保存してからUSB-DACで再生
NASにため込んでからネットワークオーディオプレイヤーで再生。
スマホやポータブルプレイヤーに直接保存して再生でしょうか。
ほとんどの方がそうだと思います。
 
しかし、ハイレゾ音源ってファイルサイズが大きくて
すぐにストレージ容量が
いっぱいになってしまい
ファイル管理に困ってしまいますよね。

11_2

 
もしハイレゾ音楽が映画や動画のように
ストリーミング配信してくれたら便利だなーって思いませんか?
 
 
私も知らなかったんですが、すでにあるんですよ。
 
それはPrimeSeat
主にライブコンサートの配信になりますが、オンデマンドサービスもあり
手軽にハイレゾ音楽を楽しむにはもってこいのサービスです。
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

無料で聴けるハイレゾ音源がたくさん!

 
ハイレゾ音源はファイルサイズが大きいため
無料サンプルを提供しているサイトはあまりありません。
 
そのためハイレゾ音源を聴いてみたいけど
いきなり音源を購入するのをためらっている人も多いかと思います。
 
 
そこでハイレゾ専門ストリーミングサイトのPrimeSeatを紹介します。
 
 
PrimeSeatは株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する
ライブストリーミングサービスです。
 
 
光回線が広まったことで
ハイレゾのような重たいファイルもストリーミング配信できるようになりました。
しかもPrimeSeatはライブ音源にはもってこいの
DSDフォーマットでの配信も提供しています。
 
これは世界でも初めてだそうで、
実際のライブコンサート音源をリアルタイムでストリーミング再生できるのは
まさにライブビューイングならぬ
ライブオーディオっていうのかな?ができてしまうわけです。
しかもDSDですよ?!
 
 
 

PrimeSeatの使い方

 
再生方法は簡単で
PrimeSeat専用ブラウザをインストールするだけ!
 
 
 
  • インストール方法
 
本家サイトにも詳しい解説がありますが、
ここでも簡単に説明したいと思います。

1
ダウンロードしたファイルを開くと変更の許可をします。

2
インストールウィザードが開くので「次へ」をクリック

3
使用許諾に同意して「次へ」をクリック

4
動作環境などをチェック

5
ユーザー名を入力

6
インストール先はそのままでOK。変更する場合は任意で好きな場所へ。

7
インストール先などを確認して「インストール」をクリック

9
インストールが終わったら「完了」をクリック

 

インストール出来たらUSB-DACを接続するか、
PCのライン出力からオーディオへ接続するか、ヘッドフォンをつなぎます。 

 

PrimeSeatを起動すると再生可能なコンテンツが表示されるので

聴きたいコンテンツの

>詳細を見る

をクリックします。Freeのマークがあるものは無料です。

下へスクロールすると

「再生するサンプルレートをお選び下さい」で5.6MHzか2.8MHzを選択し

「再生する」をクリックすると再生が始まります。

Photo

再生が安定しないとき、音が出ないときは

ブラウザの右上に「三」の部分をクリックしオーディオ設定を開きます。

ドライバーの種類、ドライバー名を選択します。 
バッファーサイズを選びます。コントロールパネルを開くと
お使いのドライバーのコントロールパネルが開きます。

設定が出来たら「OK」をクリックします。

2

それでも再生されないときは
コントロールパネルを開いて設定するか、
普段使われている再生プレイヤーで
ドライバーやサンプリング周波数の変更をしてみてください。

 

 

 

音質は?

手持ちのDS-DAC-10Rで5.6MHzで聴いてみます。

まさにDSDらしい臨場感豊かなライブの雰囲気がちゃんと伝わってくる音です。
ほとんど加工がされていないのか、
とても聞きやすく楽器の音色やボーカルがとても自然です。

普通のライブ収録のCDよりライブで聴いてる感がいいですね!
ライブらしい緊張感や会場の熱気が伝わってきます。

 

しかも無料コンテンツなのに一時間を超えるものもあり
これだけでも十分楽しめてしまいます。

 

 

コンテンツの多くがクラシックやJAZZになりますが、

ラジオやサウンドドラマなど気軽に聞けるコンテンツもあり
BGMなどでも使えそうです。

 

 

USB-DACがDSDに対応していない場合は
PCMに変換して再生できます。
私がモニターとして使っているMX239では
HDMIからPCM48kHzで再生できました。

最近の販売されているPCは
HDオーディオになっているので
USB-DACがなくてもハイレゾ再生が可能です。

追記
手持ちのDS-DAC-100mでもDSD再生ができました。

 

 

ハイレゾ未体験のあなたへ

もしUSB-DAC購入を検討されている方は
ぜひともPrimeSeatを試しに聴いてみてください。

そしてハイレゾの良さがわかったら
DSDに対応したUSB-DACも選択肢に入れることをお勧めします。

PrimeSeatでDSD再生には
ASIO DSDモードに対応したオーディオ・デバイスが必要です。
Macの方は
KORGのDS-DACシリーズか
DoP(DSD over PCM Frame)に対応したデバイスが必要です。
DoP対応ならJPLAYでDSDネイティブ再生もできますね。

 

 

ハイレゾの良さDSDの良さを簡単に味わえるUSB-DACは
これからの音楽ライフには必要不可欠です。
まだハイレゾの気持ちよさを味わっていないあなた!

まずはPrimeSeatをインストールし
Free音源を片っ端から聴いてください。
 

ハイレゾ購入を迷っているのが時間の無駄だと気づかされます。
今すぐPrimeSeatのインストールとUSB-DACを探しましょう!

 

 

 

 

 

私が今回使用したUSB-DACはこちら

KORG USB DAC デジタル→アナログ 変換器 フォノ入力対応 1bit DS-DAC-10R
by カエレバ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« JPLAYに完全敗北の音楽プレイヤーはRAMDISKで対抗する | トップページ | DS-DAC-10Rの分解&除電フェルト施工(静電気除去) »

音楽」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 
こちらのブログにてPrimeSeatを知り、さっそく聞いています。音が良いですね。
無料のストリーミングでここまで聴けるのかと軽いショックを受けました。

また寄らさせて下さい(__)

 

コメントありがとうございます
お役に立ててよかったです。私もSNSの質問に答えようとしたらたまたまPrimeSeatをしりました。
更新頑張りますので、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hi-Res音楽の新しい聴き方 PrimeSeatの使い方:

« JPLAYに完全敗北の音楽プレイヤーはRAMDISKで対抗する | トップページ | DS-DAC-10Rの分解&除電フェルト施工(静電気除去) »

SNS

  • SNS






  • ランキング