無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • 楽天市場

« SONY-PC TV Plusのライセンスキー購入と使い方 | トップページ | 初心者向けJPLAY設定ガイド デュアルPCモード編 »

2017-07-12

初心者向けJPLAY設定ガイド 単体PCモード編

単体PCモード 1台のPCでJPLAY再生

 

 
では早速一番簡単なJPLAY再生の方法です。
 

JPLAY日本語公式

※上記画像サイトは閉鎖されました。

 

準備するもの

 

  1. Windows7以降のPC1台
  2. USB-DAC(DDC)なければオンボードか、スピーカー付きモニターからでも再生可能
  3. JPLAY試用版

 

 
JPLAYはWindows7でも動作しますが公式ではWindows10が推奨OSです。
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

JPLAY試用版のダウンロード

 

 
JPLAY日本語公式ページhttp://jplay.eu/download/の試用版タブにリンクがあるのでそこからzipファイルをダウンロードします。

 

 

 

※試用版の仕様として、数分に一度数秒だけ音が出なくなります。JPLAY FEMTOは使用期限あり
それ以外は制限がありませんので製品版と同じように使用できます。

 

 

 

zipファイルを解凍したらsetupJPLAYを起動しインストールを始めます。

 

インストール先を選択した後「Optimize JPLAY for SinglePC setup」という項目が出てきます。
これは単体PCモード最適化を有効にするかどうかのチェックです。
チェックをすると単体PCモードで再生するときに単体PCモード最適化の機能をON,OFFできます。
 
ただし、デュアルPCモードで再生するときは最適化出来なくなるので、後でデュアルPCモードで再生したい場合はチェックを外しておくか、再インストールします。

 

レジストリ変更でも戻すのは可能ですが推奨しません。
 
インストールしたら再起動するか聞かれるので再起動します。

 

 

 

再起動できたらUSB-DACのドライバーをインストールします。
ドライバーによっては再起動します。
 
 
 

 

JPLAYの設定
 
JPLAYSettingsを開きます。
はじめはデフォルトのまま再生してみてください。
再生が始まらないときは、項目ごと1つづつ変更して試します。

 

JPLAYSettings

 

 

設定項目

 

  • Playing via

 

    USB-DACのドライバーを選択します。
    KS(カーネルストリーミング)が一番好ましい。
    お使いのUSBデバイスドライバーにより名前が違います。

 

  • DAC Link

 

   700Hz~1Hzの間で設定します。設定によって音質傾向が変わりますが、USB-DACによっては大きい値では再生できません。

 

 

 

  • PC Buffer

 

    できるだけ少ない値が好ましいですが、USB-DACによっては選択できない値もあります。

 

 
  • XtemSize

 

    PCに搭載されているRAMのサイズに依存するので値が大きいと再生できません。
    通常小さい値から選択していきます。

 

 

 

  • Throttle

 

    通常ONでOK、JPLAYで再生時ほかのソフトの動作が重いと感じたらOFFにします

 

 

 

  • Hibernate mode

 

    ONにすると音楽再生以外の操作を受け付けなくなります。
    これにより高音質再生になります。
どうしても再生を止める場合は、あらかじめUSBメモリを挿しておき、抜いた時に再生を強制的に止められます。

 

 

 

  • Engin

 

    Classic/Xtream/ULTRAstreamの3つのモードがあります。はじめはClassicから試してみてください。
    Windows7ではULTRAStreamは選択できません。

 

 

 

  • Audio PC

 

    単体PCモードで再生するときはThis computerを選択します。

 

 

 

  • Bitstream

 

    通常NativeでOK。JPLAYminiで再生したときのエラーが(Could not start playback: DAC start failed - Please try setting Bitstream to 24 or 32 in settings panel)の時は24bit、もしくは32bitを選択します。

 

 

 

  • Bitperfect

 

    通常OFFでOK。16bit音源限定でボリューム変更可能。

 

 

 

  • Polarity

 

    通常はNomalでOK。逆位相の音源の時変更する。

 

 
 
設定ができたら「OK」をクリック。
「OK」をクリックしないと設定が適応されません。

 

 
 

 

 
 
 

 

再生方法
 

 

 

JPLAYminiの画面
JPLAYminiの画面

13

 

エクスプローラーを開き、
聴きたい音楽ファイルを選択し右クリックでコピーします。

 

JPLAYminiを開きます。

 

  • キーボードのスペースキーを押すと再生が始まります
  • Pキーを押すと一時停止
  • 複数ファイルを選択していれば、再生中にスペースキーを押すと次の曲へスキップできます。
  • Mキーを押すと再生が止まります。

 

 
 
再生できない場合は
 
Playing via、DAC Link、PC Buffer、XtreamSize、Engine、Bitstream
の項目から一つずつ変更して試すと成功しやすいと思います。
 
それでもダメな場合
 
ドライバーやUSB-DACがPCに認識されていない可能性があるので、再起動したりUSBポートを変更してみます。
他の再生プレイヤーでUSB-DACから音が出るか試してみる。
 
BIOS設定でUSBの項目を全部Enableにする。

 

 

 

最後の手段

 

ブロガーさんやSNSで聞いてみる。

 

 
 
 
 
再生できた方
音はどうでしょうか?かなり高音質だと思いませんか?

 

実はこれはJPLAYの実力のほんの一部しか発揮していません。
これよりさらに高音質再生が可能です。
 
それがJPLAYのデュアルPCモードでの再生です。

 

設定は少し多くなりますが、もう一段階上の音聴いてみたくないですか??

 

次回へ続く

 

 

 

 
 
 

 

 

 
 
関連記事
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« SONY-PC TV Plusのライセンスキー購入と使い方 | トップページ | 初心者向けJPLAY設定ガイド デュアルPCモード編 »

PCオーディオ」カテゴリの記事

JPLAY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初心者向けJPLAY設定ガイド 単体PCモード編:

« SONY-PC TV Plusのライセンスキー購入と使い方 | トップページ | 初心者向けJPLAY設定ガイド デュアルPCモード編 »

SNS

  • SNS






  • ランキング