無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

« 特性向上ファインメットコアがシステム全体を改善する! | トップページ | 安いDACでも安定化電源で高音質化できる? »

2017-11-06

JPLAY用に NIC増設で音質が良くなった!

LANカード、NIC(Network Interface Card)増設は功を奏すのか?

 
現在JPLAY再生のシステムはデュアルPCモードで
ネットワーク再生しています。
 
デュアルPCモードのみであれば
オンボードのLANポートで足りますが、
コントロールPCをネットワークに接続するには
もう一つLANポートが必要になります。

AREA ジーノ2世SD-PEGLAN-S2中身

 
手始めにネットワーク再生するために
USBのLANアダプターを購入して使っていました。
 
しかし、購入したロジテックLAN-TXU2C
USBが2.0規格のため
100Mbpsまでしか対応できません。
これでもJPLAY再生には十分ですが
ネット上で拡張LANカードのほうが音質がいいということを知り
Gbit対応ついでに試してみようと思いました。
 
するとどうでしょう。
なんとなく音に密度感が増し、定位も良くなったように感じます。
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

最適なNetwork Interface Cardは?

 

購入したのはAREA ジーノ2世SD-PEGLAN-S2

ギガビットPCIexpress x1接続です。
楽天で安いのないか探していたら訳あり(箱潰れ)で
通常よりもかなり安く売られていました。

AREA ジーノ2世SD-PEGLAN-S2

箱は特に潰れていなかった。パッケージ画像と中身は仕様が少し違う。
発送前に「注文が多すぎて発送遅れます」というメールが来た。
もしかして在庫処分的な売り文句だったのだろうか?

AREA ジーノ2世SD-PEGLAN-S2取り付け

 
JPLAYを始められている方ならご存知と思いますが
JPLAY推奨のJCAT製品でNETカードFEMTOがあります。
こちらはフェムト・クロック技術を使用しており
他にも外部電源やLEDインジケーターを外すなど
音質にこだわった作りになっています。
そのためとんでもない値段となっています(笑)
 
それもあってとりあえず安いLANカードで試すことにしました。
でもGbit対応のおかげかPCIexpressのおかげか
差は小さいですが確実に音質には貢献しています。
 
 
 
USBポートも拡張カードのほうが良い?
 
実はNICよりも前にUSB3.0のカードを試していました。
USBは接続された機器のUSB規格に依存するので
USB3.0はあまり意味がありませんが
どうせ買うならとUSB3.0のカードにしました。

OWL-PCEXU3E2I2

 
結果はなんか音が明るくなってしまい
音場も定位も甘くなってしまったので外してしまいました。
こちらは電源が必要ですので
専用の外部電源を導入すれば
もしかしたら音質改善に寄与するかもしれません。

OWL-PCEXU3E2I2取り付け

左のオーディオPCのマザーボード比較のついでに載せてみた

 
USBポートも同じくJCATから製品が出ていますので
懐に余裕のある方はNICと合わせて試してみては?
 
 
 

拡張カードで音が変わる理由

 
私はPC自作はできますが、
それほどPCに対して詳しくありません。
最近になってハイレゾブームのおかげで
PCオーディオが取りざたされているが
PCのハードウェアとしての音質が
どのように寄与しているかはあまり情報がありません。
 
JPLAYとは別路線でラズベリーパイという
小型PCを利用したPCオーディオも人気があります。
こちらは必要最小限のハードとOSにすることで
オーディオに関係ない機能を省いて高音質に貢献します
 
JPLAYのほうはというと逆にある程度のスペックを要し
ソフトウェア上で余計な機能を省いて高音質にする
という方向性になります。
 
拡張カードはマザーボードに増設するので
余計なプロセスが増えることになるような気もします。
が、USBポートでは好ましくなかったけど
LANカードのほうでは逆に良くなっています。
 
このことから、必ずしもシンプルにするだけが
PCオーディオとして最善ではないことが分かります。

 
 
 
ついでにネットワークアダプターの詳細設定
 
こちらもネットで知った情報になりますが
ネットワークの詳細設定に
「Checksum Offload」という項目があります。
これはチェックサムをOSでやるか
ネットワークアダプターでやるかの設定ができます。

ネットワークアダプターの詳細設定

 
デフォルトではネットワークアダプターのほうになっているので
Checksum Offloadがある8項目で全てDisableにします。
これでchecksumがOS上で行われるようになります。
 
変更項目
IPv4Checksum Offload
Jumbo Frame
Large Send Offloadv2(IPv4)
Large Send Offloadv2(IPv6)
TCP Checksum Offload(IPv4)
TCP Checksum Offload(IPv6)
UDP Checksum Offload(IPv4)
UDP Checksum Offload(IPv6)
 
 
 
ちなみに
JPLAYでネットワーク再生するときの
ネットワーク上のデータのやり取りが特殊?なので
タスクマネージャーで見てみます。Ethernetモニター

コントロールPCのタスクマネージャーを開いた状態です。
設定はデフォルトのまま、
上のイーサネットがホームネットワークに接続
下のイーサネットがAudioPCに接続されています。

再生を始めるとすぐにホームネットワークのほうから
いっきにデータを読み込みます。
約400Mbps~600Mbpsで10秒前後読み込みます。

これが大体2分30秒に一回の間隔で行われています。
USBのLANアダプターの時は80Mbps前後で30~40秒前後
読み込みが行われていました。
 
AudioPCに対しては一定のデータ量でストリーミングしています。
DSD5.6MHzのファイルをDoPで転送している場合
約17.3Mbpsになっています。
 
読み込みに時間が掛かるということは
それだけCPUに負担がかかっているので
音質には良くない
といえます。

 
先ほどのchecksumの設定をすると
今度は一定の容量で継続的に読み込むようになります。

Ethernetモニター2

DSD5.6MHzファイルの場合27Mbpsで1分以上読み込んでいます。
こちらはハードウェアに対して負担が一定になるためか
落ち着いた音質になった感じです。

しかし、設定をしてCoreモードに戻したら
元と同じような読み込み方になってしまいました。

Ethernetモニター3

これはちゃんとコアモードの状態で設定しなおさないと
反映されないのだろうか?

まあどちらがいいというよりも
Minimserverとのやり取りの負担が減るようで
DACLink700Hzの再生をされている方には貢献するそうです。
気になっている方は試してみるといいでしょう。
コントロールPCだけでなくAudioPCと
Minimserverを入れたPCでも設定をする必要があるそうです。

 

 

 

by カエレバ
 
 
 
by カエレバ
 
 
 
 

« 特性向上ファインメットコアがシステム全体を改善する! | トップページ | 安いDACでも安定化電源で高音質化できる? »

PCオーディオ」カテゴリの記事

JPLAY」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。
ネットワークアダプターの詳細設定やってみました。
サーバーpc、プレーヤーPC両方やって20%以上音質が向上した感じです。
プレーヤーPCのほうはなぜか音量が上がった感じです。
そのうちインテル製NICでも買ってみようかと思います。
それにしてもJCAT製品恐ろしい値段ですね。

>くんち @kunnchi_tzさん
>
どーもです。コメントありがとうございます
効果あって何よりです。JCATはLANとUSBカード合わせたらそれなりのDAC買えちゃいますよね。どこに投資するのが一番効果的か、悩ましい限りです。

一番手っ取り早く確実なのは電源部でしょうね。

<JCATはLANとUSBカード合わせたらそれなりのDAC買えちゃいます

オリオスペックが販売してるcanarino fils9の検証をしてる人が居ますが、DS-DAC-10R をこのPCのマザボのASUS PRIME H470M-PLUSのUSBポートとSOtM tx-USBhubIn に接続したときと較べて、測定データ、音質ともに差異は認められなかったとの結果だったので、USBポートはマザボのUSBで大丈夫なのかなと思います。
ただLANポートの方は、最近話題になってるDanteという音響システムを使用するには専用の増設LANポートが必要になるので、効果はあると思います。
このDanteを使用した時は如何なるLANケーブルでも音質は変化しないというのが興味深いところです。

>アキさん
>
なんとDS-DAC-10Rで検証している人がいるとは!
ASUS PRIME H470M-PLUSのポートがいいのかSOtM tx-USBhubInもいいのか?SOtM tx-USBhubInは外部電源使えるから質によっては変化あるかも?

DanteはPA用の為か多チャンネルがウリですが、オーディオ専用プロトコルらしいので音質は気になってます。

オーディオ用のPCに使用されてるマザーボードは自分の知る限り、GigabiteかASUSなので、この二社のUSBポートの品質が良い可能性がありますね。

<DanteはPA用の為か多チャンネルがウリですが、オーディオ専用プロトコル
10万円以上するLANアダプタを導入するところから始めるシステムですからね。やはりお金の暴力、オーディオはお金の暴力が全てを解決する。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JPLAY用に NIC増設で音質が良くなった!:

« 特性向上ファインメットコアがシステム全体を改善する! | トップページ | 安いDACでも安定化電源で高音質化できる? »

SNS

  • SNS






  • ランキング