無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • 楽天市場

« ディスクドライブでCD rippingの音質に差は出るのか? | トップページ | サンドブラストキャビネット自作&小型コンプレッサーの圧力でもできた »

2018-04-03

intel製チップ搭載NICは蟹よりも音質がいいの?

以前USB-LANアダプタからAREA製Realチップ搭載NICに交換したところJPLAYシステムの音質改善に成功したので、今回はインテル製チップのNICを試してみることにしました。ついでにデュアルポートのNICでオンボードLANポートを使わない実験もしてみます。
 
私はそもそもオンボードのLANでいいじゃないかと思っていた。というのもNICを挿したら余計な仕事が増えてノイズが増えてしまうのでは?と思っていたので、しばらくの間USB-LANアダプターでJPLAYStreamerを利用していました。
 
しかし、ネット上でUSB-LANアダプターよりNICのほうが音が良いということで試してみたくなり、安いAREA製を購入してみたわけです。
そしたらUSBは2.0規格のため100Mbpsしか出ないのもあるかと思いますが、NICにしたことで速度アップと安定性向上で音質がハッキリと良くなりました。

1522466888892

 
そして更にLANチップの違いでも音が変わるということで、Intel製チップ搭載のNICを試してみることにしました。
 
 
以前の記事
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NICのほうが良い理由

 
NICに交換して音質向上したことをSNSで紹介したところ、オンボードLANよりも拡張スロットでNICを使う方がCPUからのノイズを避けられる、というようなことを教えていただきました。
本家JPLAYもプロダクト製品として豪華なFEMTO(クロックチップ)を搭載したNICやUSBカードを販売されています。
しかし、オーディオとして使うにはあまりにも高い価格で、私には清水の舞台も飛び降りることはできません。
 
なので貧乏人は安物製品で行くしかありません。
Amazonではインテルインテル PRO/1000 PT デュアルポート サーバ・アダプタ EXPI9402PTが格安であり、これでもいいかなと思っていましたが、何分結構古い製品でJPLAY再生で使用しているWindows Server 2012 R2で使用できるか懸念していました。一応Windows 10で使用できるというレヴューもあるので大丈夫かとは思います。
で、他に何かいいのはないか探していると後継機らしき製品(こちらも古いけど)を見つけました。それがIntel82575EBチップ搭載NICです。
 
EXPI9402PTのチップはインテル82571EBギガビット・イーサネット・コントローラーです。
主な違いはPCIeが v1.0a (82571EB)かPCIe v2.0 (82575EB)ぐらいとTDPぐらいです。
 
 

RealtekとIntelのLANチップに性能差はあるのか?

 
Realtekといえば一般的なMBには良く載ってるLANチップです。またオンボードオーディオのチップも大体Realtek製です。
最近のはHD対応のため意外とこの音が馬鹿にできません。
 
Qualcomm製LANもありますがJPLAYではネットワーク再生で使用できないためここでは省きます。
 
違いは
Realtekは比較的安いのとCPUの負荷が大きいせいでCPUによっては速度低下を招く恐れがある。
IntelはCPUの代わりにネットワーク処理(オフロード)をしてくれる
検索すると主にこの様な差があるそうです。
 
※オフロードはRealtekもしているが処理性能がIntelのほうがいいということ。
 
JPLAYで再生、特にネットワーク再生をすると安定性が課題になってきます。
JPLAY再生自体はCPUにとってとても軽い負荷で再生できているのですが、その際再生に関係ない他のプロセスを抑えて処理しているため、通信に何らかの影響で不安定になると音質や再生に影響することが考えられます。
 
この何らかの影響にできるだけすぐに対処できる性能が高いデバイスを選定することが音質改善に貢献できると思われます。
JCAT製のFEMTOは産業用チップと高品質なクロックを搭載して高品質な通信を行うことで高音質を実現できると思います。
 
因みにJCAT製は産業用Intel i350イーサーネット・コントローラー搭載です。
lntel I350-T4搭載のNICはAmazonでも1万円越えですね。(I350-T4がJCAT製と同じかは分かりません)
 
 

LANケーブルの重要性

 
ネットワークにはネットワークコントローラーの性能も重要ですが、通信するためにはケーブルも必要です。
このLANケーブルはこの20年で劇的に速度が上がっていき、最近は10Gbps対応の製品も出てきています。
 
実はLANケーブルもカテゴリー変えたぐらいで変わらないと思ってました。
しかし、最近銀メッキ線でLANのクロスケーブルを自作したところ、驚くほどの変化と音質改善がわかったのでカテゴリーによる違いもまんざら嘘ではないと言えると思います。
 
現在主流のLANケーブルはカテゴリー5Eからカテゴリー7になります。
カテゴリー5Eでも伝送帯域が100MHzになりノイズに強くするためにツイストケーブルが使われています。そこから更にノイズに強くするためにシールドを追加してカテゴリ6や7になります。
 
以前試した銀メッキ線は高周波特性に優れているため、LANケーブルに用いても効果を発揮できたのかもしれません。
更に単線のほうが特性が良くなるので今度実験してみようと思っています。
 
オーディオされている方なら耳にしたことのあるケーブルメーカのBELDENもオーディオ用LANケーブルを販売していて、その性能の良さをアピールされています。製品自体はカテゴリー6相当ですが、市販のカテゴリー7に速度で上回るとしています。
LANケーブルのカテゴリーは規格で決まっているので、後は線材の違いなどで安定性や速度に差が出ると思います。
 
LANケーブルのカテゴリーや線材の違いだけで音質に影響してくるので、ネットワーク再生での機材選定は重要になることは理解できたと思います。
さすがに純銀線やオーグラインなどのケーブルを使えとは言いませんが、オーディオ用で使うならケチらずちゃんとしたものを購入することをお勧めします。
出来れば私の追試してくれる方がいたら嬉しいです。
報告待っています。
 
 
 

NICの拡張スロットの場所で音が変わる

 
やっと今回の本題です。
購入したNICはデュアルポートになっているので、もともと使用していたAREA製NICをオーディオ用に流用し、完全にオンボードLANを使わずにデュアルPCによるJPLAYStreamerで再生をしてみます。
 
では初めにコントロールPCにデュアルポートLANを挿してAREA製の代わりに音の違いを聴き比べてみました。ドライバーインストールしなくても使えたのでそのまま使います。

1522467678447

まあ、ハッキリ違いは出ていないようです。

1522468478813

次にスロットをCPU寄りに移動します。なんでかというと自作のクロスケーブルが短くてせっかくのデュアルポートに届かなかったから(笑)
しかし、CPU寄りにしたせいかなんとなくノイズ感が増えたように感じます。
 

1522468500874

そしてデュアルPC直結用クロスケーブルをデュアルポートに挿してみます。
この場合コントロールPCのIPアドレスを設定しなおしてあげる必要があります。ホームネットワークに接続しているほうも固定IPしている場合は設定しなおす必要があるかもしれません。私はDHCPで使用しているのでそのまま使用できました。
 
音はというとこれは違いが判る変化です。音が太くなったようで更に粒立ちも良くなったみたいでいい感じです。
 

1522470569576

ではオーディオPCにAREA製NICを流用し完全にオンボードLANから決別します。
銀メッキ線のクロスケーブルは短くて届かなくなったので、カテゴリー6のケーブルでいきます。
こちらもIPアドレス設定やり直します。
 
これはハッキリとSN改善が感じられます。おかげで臨場感も増したようです。銀メッキ線が使えてればもっと良かったかもしれません。
MBを載せたまな板を別にすれば短いほうを使えるけど、今度ケーシングしようと考え中なので、次の線材が届くまであえてお預けにしておきます。こうご期待!
 
 
番外編
 
デュアルポートは通常使用では普通の人は使うことはまずありません。これは主にサーバー用途で”チーミング”に利用するためにあるそうです。
チーミングはリンク・アグリゲーションという技術を使って通信速度低下を避けることができるようです。これは音質に期待できるかも?
 
他にもチーミングはフォールトトレランスやロードバランシングもできるそうです。
チーミングには対応製品や知識が必要になるので勉強してからやりましょう。
 
 
 

まとめ

 
ネットワーク関連のデバイスやケーブルで音質なんか変わるわけない!と思っていた自分ですが、実際に経験したことで他の方が言っていることが分かりました。
オーディオは理屈だけでは分からないことだらけなので、実験してみることはかなり重要だと思います。
 
何故かPC関連の製品はオーディオ用になると途端に値段が跳ねあがるため、そうやすやすと実験はできませんが、私の様に自作を凝らしてやってみるのも楽しいと思います。
では!
 
 
 
 
 
今回購入した製品
 
1年保証と3年保証が用意されてます。
 

« ディスクドライブでCD rippingの音質に差は出るのか? | トップページ | サンドブラストキャビネット自作&小型コンプレッサーの圧力でもできた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

JPLAY」カテゴリの記事

コメント

私もオンボードより外部NICのほうが音が良いと実感しています。ちなみに私は安価なLGY-PCI-GTです。

EIZOUさんコメントありがとうございます!!
MBによってはPCIはPCIeより端っこにあるから更に耐ノイズにいいかもしれないという方もいました。
いつか試してみたいです。

birochanさん
レスありがとうございます。
確かにPCIのほうが遠い分、SN比が上がりそうですね!目から鱗です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: intel製チップ搭載NICは蟹よりも音質がいいの?:

« ディスクドライブでCD rippingの音質に差は出るのか? | トップページ | サンドブラストキャビネット自作&小型コンプレッサーの圧力でもできた »

SNS

  • SNS






  • ランキング