無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • 楽天市場

« アルミ板にサークルカッターで綺麗な円を空ける方法 | トップページ | IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その2 »

2018-06-30

IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その1

オーディオ用のLANケーブルは必要なのか?

 
PCでオーディオをするときに音源をどこに置くかで音質が変わってきます。同じデジタルならどこに置こうが変わらないと思うかもしれませんが、一聴すればすぐにわかるレベルです。
よく言われるのがPC内蔵HDDより外付けハードディスク、さらにNASに置いた方が良いということも聞かれます。
 
最近はPCオーディオから発展したネットワークオーディオも人気になっています。これは先ほど述べたようにPC内蔵よりNASに音源があるほうがいい理由と同じで、ネットワーク経由で音楽ファイルをストリーミングしたほうが音質が良くなります。
 
そしてネットワークオーディオに必須なLANケーブルも様々な要因で音質に影響を及ぼしているので、これもしっかりオーディオに最適なケーブルを使うことを推奨します。
しかし、オーディオ用のLANケーブルは当然高いです。Beldenのようなコスパの良い製品もありますが、以前作った銀メッキ線のクロスケーブルがすこぶる良かったので、ルーターからPCトランスポートへのLANケーブルも銀メッキ線で行こうと思い、今回オヤイデの切り売りでIS-707を買ってみました。

Img_20180629_155232

いきなり問題発生

 
手持ちにRJ‐45のプラグがあったので其れで作ろうと思っていましたが、IS-707の外装を剥き中の線材を出してプラグに入れようとしたところ、全然入りません。
まあ見るからに太いですが、オヤイデのサイトで確認すると1.3mmとありました。これはなかなかの太さです。 
 
ほとんどのLANケーブルはAWG26~24ぐらいのもので外径約1㎜ぐらいになっています。プラグのほうも太いもので1.2㎜ぐらいまでなら対応しているものはありますが、1.3mmは無理ですね。
 
オヤイデのIS-707はプラグ付もありそちらは日本テレガートナー製の高級プラグを使用しています。こちらは2800円ほどもするプラグでAmazonでも2000円。おいそれとは買えません。
そこで使えそうなプラグを探してみました。
 
こちらはプラグが3つの部品で構成されており、ガイドとなるピースにケーブルを差し込んでから本体プラグに装着するので、うまくいけば入るかもしれない。詳細がないのでできる保証はない。
 
こちらはテレガートナー製のように専用カシメ工具無しで自作できるプラグです。ケーブルをプラグ先端に差し込む構造ではなく、サイドの溝に差し込む形になっておりIS-707でも使えそうです。正しシールド加工はされていないのでSTPケーブルとなるIS-707の性能は十分に発揮できません。
最悪銅箔テープでも巻いてみるかな。
IS-707の線材自体は0.5mmの単線なので通常の24AWGです。なのでこのプラグに嵌められるでしょう。
 
 
 
一気にやることなくなってしまったので、一緒に買っておいたジュンフロン銀メッキ単線でクロスケーブルを作成してみました。
単線の分太さもちょうどよく、曲がりにくいのでとても製作しやすかったです。超お勧め線材です。

1530286343901

現在JPLAYデュアルPC用ケースを作成していて、そのために前回作ったクロスケーブルでは長さが足りなくなっていました。今回久しぶりに銀メッキ線のクロスケーブルを使って再生してみましたがやはり効果抜群です。
 
カテゴリー6のシールドありのケーブルより音場が広がりフォーカスがしっかり纏まります。
しかし、以前より長くなってしまったせいなのか、高音域で付帯音を感じ少し耳に刺さる感じがします。
 
LANケーブルは撚線より単線、さらには銀メッキ線。もっと行けば純銀線が更なる期待ができますが、そこまで行くとコスパの問題が出てきます。
オーディオをやると金銭感覚がマヒしますが、それを気にせずできる方はやってみると面白いでしょう。

« アルミ板にサークルカッターで綺麗な円を空ける方法 | トップページ | IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

ネットワークオーディオ」カテゴリの記事

コメント

「銅より伝導率が高い銀の音質ってどうなるんだろう?」と考えていたので、本記事とても参考になりました。

EIZOUさん
コメントありがとうございます!
銀メッキでも違いや効果はハッキリわかります。
Aug-Lineだとスンゲーらしいです。買えないけど( ´∀` )

デュアルPC再生されてるのですね
クロスケーブルの種類でも音が変わるので面白いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その1:

« アルミ板にサークルカッターで綺麗な円を空ける方法 | トップページ | IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その2 »

SNS

  • SNS






  • ランキング