無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

« オーディオ用original PCケース自作 デュアルマイクロATX仕様 | トップページ | SATAケーブルをファインメットビーズでノイズ対策 »

2018-08-07

ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定

インストールしてすぐ使えるAsset UPnPの使い方

 
 
多くの方がネットワークオーディオにはNASが必要と思われてますが、ネットワークプレイヤーとメディアサーバがあれば再生は簡単です。
メディアサーバはNASだけでなくPCでも構築できます。そう、AssetUPnPをインストールさえすればね。これでネットワークオーディオの準備はOK
後は、コントロールアプリをスマホやメインPCにインストールすればOK! 
 
ネットワークオーディオを始めるにあたっての問題点として、ネットワークプレイヤーによっては再生できるフォーマットが限られている場合もあります。しかし、ユーザーによってはリッピングしたCD音源やハイレゾ音源、MP3など様々なファイルフォーマットがHDDに格納されている事でしょう。
Macユーザーの中にはAIFFを使われている方もいるでしょう。
それらほぼ全てのフォーマットに対応したメディアサーバがAsset UPnPです。
 
Asset UPnPはMinimServerと違い初めからトランスコードが備わっており、WAVしか受け付けないJPLAYのようなプレイヤーにもクリック一つで対応できるようになります。
また、ファイルを再生するときにツリーから探索しますが、そのツリーの構造もカスタマイズでき、クラシック好きや大量のファイルをお持ちの方には大変便利なソフトだと思います。
 
 
 
 
 

Asset UPnPのインストール

 
Asset UPnPはCDripperと同じdbpowerampから出ています。
有料ですが30日間の試用期間があり、試用期間中はフル機能で利用できます。

01

 
dbpowerampのサイトかAsset UPnPで検索してダウンロードページでファイルをダウンロードします。
 
 
インストールと設定方法を動画にしてみました
 

1

ダウンロードしたら開くとインストーラーが起動します。インストールをクリックすればインストールが始まります。
 
 
 

Asset UPnPの設定

2

フィニッシュしたらEdit Advanced Settingsを開きます。

3

左上のAudio Libraryで音楽ファイルを格納しているフォルダを指定します。デフォルトではPC内部のユーザーフォルダになっています。
他のHDDやNASを選択したい場合は[Add Folder]をクリックして追加します。必要なくなったフォルダは[Remove]をクリックすればOK。
 
右上Execlude Audio Typesはフォーマットに☑を入れると認識されなくなります。
 
General Settingsは基本的に触らなくても大丈夫ですが、
Multi-Disc Albums show Title as '[Disc] [Track] [Title]'にだけ☑しておくといい。
 

5

後はOKをクリックするとPCを再起動しろと出るので再起動します。
 
ネットワークオーディオプレイヤーを起動し、コントロールアプリでAsset UPnPのサーバーを認識できていればOK。
 
ファイルをフォルダーに追加した時やフォルダー内のデータが上手く反映されていないときは、AssetUPnP Configurationを起動し「Refresh All」をクリックします。しばらくするとTracks,Albumsの数が反映されます。
 
 
 
JPLAYStreamerでAsset UPnPを使えるようにする
 
JPLAYStreamerでは仕様のためWAVファイルのみ受け付けています。Flacファイルでもトランスコードしてやる必要があります。
先ほどのEdit Advanced Settingsを開きます。

4

右下のAudio Format StreamingでAAC As is~の枠にある使用しているファイル全てをas WAVにします。
 
DACがDoP対応であればDFFとDSFはas DoPにしておけばDSD再生が可能です。
しかし、対応しているDSDファイルはDSD64(2.8MHz)までです。DSD128はザーというノイズになり再生できませんでした。
これはAssetUPnPのトランスコードが対応していない為だと思われます。
DoP再生時はDoP176kHz/24bitという表記になります。
 
後はJPLAYStreamerで再生できるか確認すればOK
 
 
 
私はCDからリッピングしたファイルは無圧縮のFlacで取り込み、DSD128(DSF)に変換して再生しています。
AssetUPnPではDSD64しか再生できなかったので少し残念ではありますが、DSD再生にこだわらなければカスタマイズしやすく使いやすいサーバーソフトになると思います。
何よりトランスコードの設定がマウス操作だけで済むのがネットワークオーディオ初心者にはとても導入しやすいソフトではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
関連記事
 
 

« オーディオ用original PCケース自作 デュアルマイクロATX仕様 | トップページ | SATAケーブルをファインメットビーズでノイズ対策 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

DLNA,UPnP」カテゴリの記事

ネットワークオーディオ」カテゴリの記事

コメント

以前はMinimserverを使用していましたが、今はAsset UPnPを使っています。フォルダーブラウジング派の私はすぐ有料版を購入しました。

コメントありがとうございます
ツリーがカスタマイズできるので、フォルダーで管理されてる方には便利ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定:

« オーディオ用original PCケース自作 デュアルマイクロATX仕様 | トップページ | SATAケーブルをファインメットビーズでノイズ対策 »

SNS

  • SNS






  • ランキング