無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

« ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定 | トップページ | 卓上ボール盤SK11のSDP-300Vの購入とレヴュー »

2018-08-24

SATAケーブルをファインメットビーズでノイズ対策

PC内部のノイズはファインメットが効果的

 
以前SSDのコネクタが破損したのをきっかけに、銀メッキ単線でSATAケーブルを自作してみました。わずかながらPCオーディオの音質に貢献しているようなので、余っていたファインメットビーズでノイズ対策したらどうなるのか試してみたくなりました。
 
この発想はUSBケーブルに信号線にファインメットビーズを通したところかなりの改善効果があったので、もしかしたらSATAケーブルでも同様に効果があるのではないかと考えました。

1534315237190

SATAケーブルの構造

 
SATAケーブルを自作するうえで一応ケーブルの構造を理解しておきましょう。
SATAは文字通りシリアルで信号を伝送します。
転送用と受信用の2経路ありそれぞれ2本の線で差動伝送しています。さらにグランド線が3本で計7本の心線で構成されています。
 
今回は転送用と受信用のそれぞれにファインメットビーズを通してみたいと思います。前回ケーブルを自作した時は0.5mmの銀メッキ線だったためファインメットビーズに2本纏めて通すことができませんでした。
なので今回は改めて0.3mmの銀メッキ線を用意し自作してみます。
下画像の太いほうが0.5mm

1533301414399

 
 
 

SATAケーブルを自作

 
前回はコネクタを別で用意しましたが、今回は元のケーブルから切り出して作ります。この方が構造的に丈夫なのと、グランド線の流用もついでにできます。

1534273137238

先ずはSATAケーブルをコネクタの一部をカットしコネクタと心線の接続部分をむき出します。信号線(白い被覆)の4本はカットします。

1534276571187

次に銀メッキ線を切り出し必要な長さに揃え2本ずつアルミテープで巻き付けます。ファインメットビーズを通します。
カットしたコネクタ部分に銀メッキ線を半田で接続。
 

1534279393707

信号線とグランド線をまとめてシールド用編組線を通します。さらに上からPETチューブを被せます。ショートが心配なら収縮チューブを被せておくとよいでしょう。
ホットボンドで固めてコネクタごと収縮チューブを被せます。これで片側完成
 

1534313436015

反対側はコネクタと心線を全部切っておき、信号線とグランド線の長さを揃え半田付けします。

1534314134493

収縮チューブを被せる前に導通チェックをしておきます。マザーボードにコネクタ両側を挿すとテスターで調べやすいです。
 

1534315237190_2

導通チェック出来たらホットボンドで固めて熱収縮チューブを被せ完成。
 
 
 
自作SATAケーブルの音質チェック
 
完成したらSSDに接続して起動してみます。
無事に起動しました。メイン機で動作確認が心配なときは壊れてもいいサブ機などでテストすることをお勧めします。
 
では音質確認のために音楽再生します。
思っていたほどの変化ではないですが、ノイズが減っていることは感じられます。付帯音もなく副作用は感じられません。
 
PCオーディオとしてはかなり追い込んでいるPCなので変化は大きくありませんが、機器によってはかなり改善するのでは?と思います。
ノイズ除去はSATAケーブルのみで完了するわけではないですが、デバイスに電源と信号線を接続すれば、ループができてしまい少なからずノイズは回り込んできています。
PC内部はノイズだらけですが一つ一つしっかり対策していけば、ピュアオーディオ機器に負けない性能を発揮してくれるでしょう。
 

« ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定 | トップページ | 卓上ボール盤SK11のSDP-300Vの購入とレヴュー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SATAケーブルをファインメットビーズでノイズ対策:

« ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定 | トップページ | 卓上ボール盤SK11のSDP-300Vの購入とレヴュー »

SNS

  • SNS






  • ランキング