無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

« 中華製RJ45コネクターで Audio用自作LANケーブル | トップページ | JPLAYで曲飛ばしとリピートさせないように対策 Bubble UPnP編 »

2018-11-24

JPLAY FEMTOを JRiver 24を使って再生する方法

 

 

JRiver Media CenterでJPLAY FEMTOを操作するとネットワークオーディオの概念が解る

 

 

 

JRiver Media Center(以下JRiver)は人気のオーディオ再生ソフトです。単体再生ソフトとしても高音質で高機能なのが特徴です。DSDを始めハイレゾ再生はもちろんのことネットワーク再生のサーバーになったりコントローラーにもなり、これほど音質と利便性を両立したソフトは中々ありません。

 

 
以前このJRiverにJPLAYドライバーを組み合わせて更なる高音質と利便性を両立した方法を紹介しました。単体PCではこれでも十分使えるソフトになりました。

 

しかし、これができたのもJRiver 23まででした。

 

 

 

JRiver 24になってからはこのJPLAYドライバーを使う方法が、以前のようにはできなくなってしまいました。(私が知らないだけであるかもしれません)

 

この方法は特に1台のPCのみでPCオーディオされてる方には大変重宝される方法です。

 

 

 

しかし、JPLAY FEMTOではDLNAに変わったことで、DLNAのプッシュ再生機能で単体PCでもJRiverとJPLAY FEMTOが連携させることができるようになったのです。

 

方法は簡単ですので是非続きを読んで試してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プッシュ再生とは?
 
DLNAやUPnPなどによるネットワークオーディオは、サーバ、コントローラー、レンダラーの3つのデバイス(機能)がお互いに連携してネットワーク再生します。

 

プッシュ再生ではコントローラー機能とサーバー機能を1つのPCで受け持ち、操作してレンダラー機器で再生させるという仕組み。らしい。私もよくわかっていない。。。

 

 

 

その逆といった感じの機能でクライアント機能というものがあります。
クライアント機能はレンダラー機器がクライアント機能を持つことで、サーバーを操作しファイルを再生するという形になります。

 

 

 

有名なところではPS3が2006年ごろ実装された機能です。PS4でも少し制約がありますが、クライアント機能があるのでメディアプレイヤーのアプリでネットワークオーディオ再生が可能です。
ただし、クライアント機能はレンダラー機器が受け持つので負担が増えて音質に影響する可能性があるのでお勧めしない。
 
とはいえ、今回は単体PCでJPLAY FEMTOをJRiver 24で使うことが目的なので、ネットワークオーディオの構造は理解しなくても大丈夫!

 

 

 

 
JRiver 24でネットワーク再生の為の設定
 

 

設定の前にJPLAY FEMTO、JRiver 24それぞれで接続されたUSB-DACなどのオーディオデバイスで再生出来ることを確認しておいてください。

19

DSD再生もする方はオプション→オーディオ→設定→ビットストリーミングでDSDを選択しておく。

 

 

 

JRiver 24を立ち上げ、先ずツールのオプションを開きます。

17

左の項目のメディアネットワークを開きます。

 

一番上の”メディアネットワーク~DLNAを有効にします”をクリックすると設定が開くので次へをクリックしていきます。

18

最後に情報が開き”アクセスキー”が表示されます。アクセスキーは使わないのでそのまま終了して閉じます。

20 

 

更にメディアネットワークの”詳細”で
”DLNAコントローラ(他のDLNAデバイスを操作)”にチェック☑して終了

 

16

すると[現在の再生リスト]にJPLAY FEMTOが表示されるので、これを選択しておきます。 

 

”以下から再生”に認識されたライブラリー(サーバ)一覧が出ます。NAS等メディアサーバ機能があると出てしまいます。

 

 

単体PCの方はMain Libraryを選択。サーバーを選んだら「ライブラリーに接続します」をクリック

 

15

接続されたら”オーディオ”を開くと格納されているファイル一覧が出ます。
後はいつも通り再生すればOK
上の画像では以前別のPCで構築したMinimServerが接続されています。

 

 
 
 

 

音質と利便性両立ならネットワークオーディオ

 

 

 

これでJPLAY FEMTOをJRiver 24で操作し音出しできるようになりました。
レジストリーを弄らないので、以前よりも逆に簡単に連携してコラボ再生できてしまいました。

 

他のASIOドライバーが使えるソフトであればこのような面倒なことしなくてもできますが、わざわざこれを紹介するのはネットワークオーディオの概念を知ってもらいたいからです。

 

 

今回の方法はDLNAのプッシュ再生を1台のPCでやっているので単体PCネットワーク再生?になっていると思います。
本当にこれがネットワーク再生といえるかは疑問ですが、これによってネットワークオーディオの概念が大まかに理解できると思います。

 

 

 

ネットワークオーディオはサーバー(DMS)、コントローラー(DMC)、レンダラー(DMR)の3つで構成されているのが理解できれば、オーディオ専用PCを用意したり、サーバ専用PCを用意することも簡単にできると思います。

 

今回のプッシュ再生の場合JRiver 24がサーバーとコントローラーを担い、レンダラーがJPLAY FEMTOです。

 

 

 

今回は全てのネットワーク再生機能を1台のPCに収めましたが、ネットワーク機器を別々に用意することで、コントローラーにしたPCで他の作業をしていても、オーディオ音質に影響しない様にできます。またサーバ用のストレージ増設も容易くなります。

 

 

 

ネットワークオーディオのメリットは他にも上げればきりがないくらいあります。
PCオーディオは利便性と音質を両立できます。しかし、これだけではピュアに太刀打ちできる音質にはなりません。

 

でもPCをネットワークオーディオ化すれば音質はピュアオーディオ並みかそれ以上、利便性はPCオーディオのままが実現できます。

 

 

そのためには是非JPLAY FEMTOを検討してみてください。JPLAY 6.2より音質も確実に上がっています。
2018.11現在まだまだ安定した再生に不安は残りますが。。。
安定性は開発者が絶賛改善中?

 

 

 

基本的な設定はJPLAY 6.2とほぼ同じなので過去記事を参照してみてください。

 

オーディオ専用PCも中古PCやロースペックPCで十分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事
 
 


 

« 中華製RJ45コネクターで Audio用自作LANケーブル | トップページ | JPLAYで曲飛ばしとリピートさせないように対策 Bubble UPnP編 »

PCオーディオ」カテゴリの記事

DLNA,UPnP」カテゴリの記事

JPLAY」カテゴリの記事

ネットワークオーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、yukiと申します。私も、jplay femto を jriver24 をコントロールポイントとして、シングルpc で利用していますので、興味深く拝読致しました。一点、気になりましたのは、ライブラリ(サーバ)の選択について、「単体pcの方はmain library を選択」とされている点です。私は、jplay femtoserver との組み合わせが最も高音質とされているので、何の疑念もなく、jplay femtoserver を選択しているのですが、上記のmain library選択は、どのような趣旨からなのでしょうか、ご教示頂けるとありがたいです。
それから、私は、jriver のDNLA 設定について、「DLNAサーバの追加や設定」において、デバイスに「汎用DNLA」、音源に「オリジナル」を選択していますが、これで良いのか、ご教示頂けるとありがたいです。
お手数お掛けしますが、よろしくお願いいたします。

yukiさんコメントありがとうございます。
はい、FEMTO Serverを選択で問題ありません。音もいいはずです。
このやり方を紹介したのは、以前JRiver でJPLAYドライバーが使えないとコメントを頂き、もしかしたらJPLAY FEMTOとJRiver 24で使えなくなったのかと検証した所、案の定でしたので苦肉の策としてこのやり方を紹介しました。
他の設定も問題ないと思います。
 
基本的に私はこのやり方を”推し”ているわけではなく、最低でもオーディオ専用PCを追加した2台構成のネットワークオーディオを推奨しています。
ただ、いきなりネットワークオーディオにした方が良いと言われても、なぜ2台も必要なのか、コントロール機能とレンダラー機能をPCで分ける必要があるのか分からないと思い、まずはネットワークオーディオで必要な機能の構造を理解してもらうためにあえて
”Main Library”を選択することにしました。

早速のご連絡ありがとうございます。ご趣旨は、よく分かりました。この件は、他にあまり情報が無く、いまひとつ不安でしたが、お陰様で安心できました。ありがとうございました。

初めまして。Djokoと申します。最近Jplay Femtoを購入しました。Windows8.1のCorei7のノートPCシングルでJriver24をコントロールポイント,Jplay Femtoをレンダラーとして利用しています。DACはNT-505でヘッドホンアンプはP-750Uです。ヘッドホンはT1 2nd,P9,HD800Sなどです。自分の環境だとDSD再生不可、PCMはサンプリング周波数48khzまでなら再生可でそれ以上はなぜか早送り再生になってしまいます。
 貴方様はデュアルPCのようですが、DSDやPCM96khzなどは再生できてますでしょうか?

Djokoさんコメントありがとうございます
うちの環境はデュアルPC、dacがDS-DAC-10Rです。ドライバーはDS-DAC-10R専用のものです。
DSDは5.6Mhz、PCMは192-24迄可能です。単体でもデュアル又ネットワーク再生でもこれは変わりません。

NT-505はbulk petも可能のようですが、JPLAYとは同時使用は出来ないのでドライバーの設定を見直してみてください。
動作確認は先にJPLAY miniで再生するのをお薦めします。JPLAY miniでは再生出来てJriverを使うと出来ない場合はJriver の設定に問題があると思います。

回答ありがとうございます。あれからJriverの設定をいろいろいじってみました。メディアネットワーク→DLNAサーバの追加や設定の中をいろいろ変えてみたらDSD5.6,PCM32-192の再生ができるようになりました。ありがとうございます。ただ、最初の設定の状態を忘れてしまいました。笑
 普段使いはJriver24 + Jplay Femtoでガチのリスニングの時はWin版Kinskyで聞いてます。使いにくいですが、、、笑

Djokoさん
早速の見直しありがとうございます。
再生出来て良かったです。Bulk petは関係なかったようですね(笑)
JRiver 24の設定初期化方法は分かりませんが、再インストールしちゃえばOKだと思います。
KinskyはLINNが開発止めてしまっているので、残念ながらこの先使いやすくなることはないでしょうね(;ω;)

はじめまして。mocと申します。
うちもJplay+Jriverで周波数96KHz(44.1KHz以上?)から早送り再生になっていましたが、Jriverの-DLNAサーバーの追加や設定-オーディオ-モード:オリジナルにしたら普通に再生できるようになりました。

mocさん
コメントありがとうございます!
PCオーディオでの不具合は色んな要因が絡むので原因追及が面倒ですが、情報を持ち寄ることできっと誰かの参考になります。
貴重な情報ありがとうございます(o^-^o)

こんばんは。Djokoです。先日はありがとうございました。
この前の件で追記をさせてください。

DACはNT-505でJPLAY + JRIVER24でDAC LINK 1000Hzで再生させています。ただそれは、via TEAC ASIO USB DRIVERを選択していました。よく見たらTEACの最新ドライバーはKS(カーネルストリーミング)の項目がありません。いろいろ試行錯誤してみて、NT,UD-503の古いDRIVERをインストールしたらKS TEAC USB AUDIO waveという項目が出てきました。しかも最新のASIOよりも音がいいです(自分の耳では)。なので今はBulkPetは封印してます。24/96のPCMで試したのですが、古いドライバーのKSのUltrastream再生はDAC LINK 45Hzが安定再生の限界で、100Hzは盛大なノイズまみれ、200Hz,500Hzはところどころプチノイズが入り、700Hzはプチノイズと何十秒後かに強制停止、1000Hzは再生不可です。Xtream再生はDAC LINK 1又は5hzでXtreamsize 250でギリギリ再生できますが不安定過ぎて使えるには至らずです。困るのは、DLNAサーバの追加やの設定で”オリジナル”を選んだら曲が終わった後次の曲に行かずに、その曲の終わりのほうを永遠と再生しだすことが結構あります。モードを”指定されたファイル形式”にして”PCM24bit”にすると解消されますが、できたら”オリジナル”にしておきたいので、このへんはJriverとPCの設定をなんとかつめてみたいと思います。

 他にDENON DA-310USBを持っているのですが、こちらは最新のドライバーがKSに対応していて更にレイテンシーの設定まであります。レイテンシーを最小の1に下げて、24/96のPCMのKSでUltrastream DAC LINK 1000Hzが余裕、XteamはDAC LINK は適当に45HzにしてXtreamsize 5000で不安定ながら再生しました。プチノイズは一切ありません。

 それぞれラインアウトで使用してますが、どう聞いても不安定なNT-505の方が音が良いです。近々WIN8.1からWIN10にする予定ですが、少しは安定してほしいです。ほとんどドライバーが古いことが原因だと思いますのであまり期待はしていませんが、、、
 実はTEACに次のドライバーのアップデートでカーネルストリーミングを復活させて欲しいと要望を出しました(笑)

 そんなこんなで、長々と失礼しました^^;
ちなみに24/96のPCMは宇多田ヒカル Single Collection Vol.1です(笑)

Djokoさんこんばんは。
詳細な情報ありがとうございます。DAC2台持ちだったんですね。新旧ドライバーで動作具合が違うのはNT-505ユーザーさんには朗報でしょう。
DA-310USBがレイテンシー変更可能なのは知らなかったです。DSD 11.2 MHz対応なのも私的に気になってしまいますね( ^ω^ )
値段的にクラスが違うので単純に比較はできないのかもしれませんが、こういった比較レヴューはこれから導入される方の貴重な資料になるので大変ありがたいです。

OSアップグレードしたらまたご報告お待ちしております。

Djokoさん
宇多田ヒカルのシングルコレクションは持ってないですが、アルバムFirst Loveのハイレゾ版はあります。空気録音まだしたことないのでそのうちTwitterにでも上げてみます。

はじめまして
こちらのサイトを参考にさせて頂きJriver26をJPLAY Femoto(Dual構成)から再生したところこれまで以上に音質の向上が見られました。
FreeだったJukebox14の頃からのJriver愛好者です。

>にゃーちゃんさん
>
コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです。

こんばんは。
この方法でもパソコン上の音をJRiver→ JPLAYと経由して高音質化できるんでしょうか?

>アキさん
>
コメントありがとうございます
単体PCではあまり音質アップは見込めないかもしれないので、できれば2台のPCで一方をJRiver Media Center、もう一方でJPLAY FEMTOを稼働して再生すれば高音質にできると思います。ただ、正直なところJRiverのようなPCに負担の大きいサーバソフトとしては、音質はMinimserver等に劣ります。

返答ありがとうございます。

普段使いの音楽再生ソフトはAudirvanaですけど、PCゲーム等の音質アップ方法を探してJriver→jplayを経由する方法を知りました。Minimserverでも可能なんでしょうか?

>アキさん
>
JRiverからPCゲームの音を出す方法があるのでしょうか?
記事の方法はネットワークオーディオの一つの手法で、PC内の音源ファイルをJPLAY FEMTOで出力するための方法です。Minimserverは音楽専用サーバソフトです。
ただ、JRiverを介さなくてもASIOドライバーを使える環境(Audirvanaも)であればJPLAYドライバーに置き換えて音質アップできます。

アドバイスありがとうございます。
試してみます。

JRiveとJPLAY FEMTOの体験版をダウンロードして上記の方法を試してみたんですが、エラーになります。
しかしJRiveを介したパソコン音声と、JPLAYドライバーを使ったAudirvanaの再生はいずれも音質がアップしたように感じました。
JPLAY FEMTOを JRiver 24を使っての再生は、デュアルPCになったときに試してみようと思います。

>アキさん
>
>JRiveとJPLAY FEMTOの体験版をダウンロードして上記の方法を試してみたんですが、エラーになります。
ファイアウォールが邪魔をしていることがあります。

JPLAY + foobar2000 + JRiver で高音質化する方法を見つけたので試してみたところ上手く行きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JPLAY FEMTOを JRiver 24を使って再生する方法:

« 中華製RJ45コネクターで Audio用自作LANケーブル | トップページ | JPLAYで曲飛ばしとリピートさせないように対策 Bubble UPnP編 »

SNS

  • SNS






  • ランキング