無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • docomo
  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

« JPLAY FEMTOを JRiver 24を使って再生する方法 | トップページ | Androidスマホのスリープさせないように設定する »

2019-01-17

JPLAYで曲飛ばしとリピートさせないように対策 Bubble UPnP編

スマホとBubble UPnPの設定で曲飛ばしを減らす

 
JPLAY FEMTOはDLNAになりましたが、公式サイトでも提示している通りDLNAガイドラインには準拠していません。
2019.1.21訂正
”FEMTO Serverが準拠していない”でした。JPLAY FEMTOはDLNA準拠。
確かにFEMTO Serverを単独サーバーで使えないか試したが、どのコントローラーでも認識されず。個人的には準拠させて単独サーバーにしても良い音するとおもうんだけどな。
 
なので普通に使っていてはJPLAY FEMTOで再生していると、勝手に曲が飛ばされたりリピートされたりしてしまいます。
 
前回はJRiver 24を使用したJPLAY再生を記事にしました。PCをコントローラーにしていれば通信が途絶えることはほぼなく安定しています。
しかし、スマホの場合省電力機能(スリープ)のせいか通信が途絶えたり等で安定感に難があります。
 
そこで今回はBubble UPnPの場合の設定を提案します。が、不確定要素がありすぎて一概にこれで安定する保証はありませんので悪しからず。
 
基本的にDLNAはコントローラー(DMC)にプレイリストを作成し、メディアサーバー(DMS)に指示を出しレンダラー(DMR)にファイルを送り再生します。DMRとDMCが再生時にタグなどの情報を同期(共有)してコントロールアプリに状況を表示します。
その為、DMCとDMRの同期がとれないと再生が止まったり曲飛ばしなどの現象が起きると思われます。
 
スマホはスリープで画面がオフになり通信やアプリの動作を制限してしまいます。スリープ機能はAndroid8.0では30分までしか指定できません。なので、再生中スマホでネット閲覧など別の操作をしていれば、安定した再生はできますが音楽に集中できなくなります。
そこで、同期を途切れさせないためにスマホの設定とコントロールアプリのBubble UPnPの設定を見直してやります。
 
 
 
先ずはスマホの設定
 
スマホは2つの設定項目を変更します。
スマホの設定を開きます
アプリと通知を開きます
詳細設定を開きます

Screenshot_20181220012050_2

特別なアプリのアクセスを開きます
省電力機能を開きます

Screenshot_20190117014132

アプリタブからBubble UPnPを☑します

Screenshot_20181207090256

 
特別なアプリアクセスに戻ります
データ通信を制限しないアプリを開きます

Screenshot_20181220012122_2

Bubble UPnPを有効にします。
これで、少しばかりは安定性が増すと思います。
 
 
Bubble UPnPの設定
 
Settingsを開きます
Individual UPnP/DLNA renderers settingsを開きます
JPLAY FEMTOを選択

_20181105_200234

Enable gapless controlに☑を入れる
これはギャップレス再生の為の設定ですが、曲間を繋げるためにあるので多少は安定性に貢献するかもしれません。

_20181105_200310_2

 
ついでに他の項目の意味(Google翻訳)
 
Mime-type check
Disable this if getting 'no compatible audio codec found' errors when playing to a renderer, to try to force playback
強制的に再生を試みるために、レンダラを再生するときに「互換性のないオーディオコーデックが見つかりません」というエラーが表示される場合は、これを無効にします
 
Use eventing
Enable to make the retrieval of renderer state more CPU efficient. Disable it if Playlist track advance / time elapsed dose not work properly
イベントを使用する
レンダラー状態の取得をより効率的なCPUにすることを可能にします。 プレイリストトラックの進み/経過時間が適切に機能しない場合は無効にしてください。
 
Renderer polling interval (ms)
interval: 900ms
Increase this value if arenderer becomes slow or unresponsive over time (Default:900ms)
レンダラーポーリング間隔(ミリ秒)
インターバル:900ms
レンダラーが時間の経過とともに遅くなったり応答しなくなったりする場合は、この値を大きくしてください(デフォルト:900ms)
 
 
Individual UPnP/DLNA libraries settings
 
smart sort
Override the Library's sort o-der. Attempt to smartly sort items whenever possible (alphabetic folders, albums by track number)
スマートソート
ライブラリのソート順序を上書きします。 可能な限りアイテムをスマートに並べ替えようとします(アルファベット順のフォルダ、トラック番号順のアルバム)。
※タグ情報を反映させること
 
 
Hide/unhide renderers and libraries
 
使用しないメディアサーバはHide(隠す)にして余計な通信を避けます。
複数サーバがあると再度ファイルを選択しようとした時に、別のメディアサーバを読み込んでいるときがある為使わないサーバは隠しておく。
 
※右上FILTERをクリックすると
Show all devices すべての端末を表示
Show only devices not hidden 隠されていないデバイスのみを表示
 
 
2019.1.30追記
コメントいただいた項目の追記。
Settings→Control→kill on inactivityをDisabledに設定。
USBケーブルを接続させなくても再生がスキップもしくは止まりにくくなった。
Kill on inactivity
 
Delay: Disabled
To save battery, kill app after the specified delay
when: screen is off, app is inactive, battery saving mode is disabled.
Note: this dose not apply when 'Battery saving mode' is enabled as it will not prevent device deep sleep.
 
無活動で殺す
 
遅延:無効
バッテリーを節約するために、指定された遅延の後にアプリを殺します
とき:画面がオフになっている、アプリが非アクティブ、バッテリーセービングモードが無効になっています。
注:これはデバイスのディープスリープを妨げないので、「バッテリー節約モード」が有効になっているときは適用されません。
 
 
 
それでもだめなら
 
スマホの画面スリープに入る時間を最長にする(30分)
充電器に挿しながら使用する。
 
2019.1.18追記
充電中でもスリープ状態になるので開発者モードにして設定してあげる必要がある。
 
 
オーディオPCの対策
 
JPLAY6.2ではさほどハイスペックでなくても十分安定再生ができたので、あえてPCの機能を抑えて低ノイズ化することで高音質にする方法もありました。しかし、FEMTOになるとそのものの音質は上がった分、要求スペックが上がってしまったように感じます。
なので以前とは逆の対策が必要かもしれません。
 
RAM
音質優先の為に、以前はRAMをシングルチャンネルのみで使用していました。JPLAYがOpenHome Mediaの時はこれでも問題なく再生出来ていましたが、FEMTOでは安定性に欠けるのでRAMをデュアルチャンネルに戻しました。
 
シングルチャンネルしか対応していないマザーボードの場合は周波数、速度が速いものにしてみると効果あるかもしれません。
 
CPU
BIOS設定で省電力機能Intel C-STATE TechをOFFにする
スピードステップをOFFにする
使用するCPUのコア数をALLにする
 
 
PC自体を最新のモノにする。
古いものでも再生は可能ですが、やはり最新の物のほうが性能も良く省エネで発熱も少なくなるのでお勧めです。ハイエンドまでいかなくてもIntelであればCore i5あたりが適当かと思います。あくまで私の主観ですが。
 
 
 
とりあえず思いつくところまで書いてみました。順次効果が有るものを上げていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 
皆さんのオーディオライフの参考になれば幸いです
 
 
 
 
 
 
関連記事
 
 
 
 

« JPLAY FEMTOを JRiver 24を使って再生する方法 | トップページ | Androidスマホのスリープさせないように設定する »

DLNA,UPnP」カテゴリの記事

JPLAY」カテゴリの記事

ネットワークオーディオ」カテゴリの記事

コメント

Bubble UPnPの設定なのですが
Settings→Control→kill on inactivity
ここでDisabledを選択
当方の環境ではこれで画面ロックしてもプレイリストの途中で
止まったりすることが今のところはなくなりました
曲飛び等は他の問題かもしれませんがご参考まで

名無しさんコメントありがとうございます。
有益な情報をありがとうございます。全くノーマークの項目でした。早速試してみます。

birochan 様

お邪魔いたします。
私もJPLAY・FEMTOとBubble UPnPの愛用者で、貴ブログを拝見しております。
様々な改善策を講じても、長らく悩み(連続トラック再生が途中で止まってしまう)から解放されませんでした。
貴ブログの改善策も試しましたが、決定打にはなりませんでした。

そんな中、操作に使っているスマホ(HuaweiのP10lite)の設定を下記のとおり変更したら、あっさり悩みから解放されました。

因みに、宅内WiFiは5G波帯で、オーディオルームへの到達電波も弱いのですが、JPLAY・FEMTOとBubble UPnPの稼働に問題はありません。
(記)
設定画面のうち、アプリごとの「起動」を制限する電力節約画面で、
Bubble UPnPをその対象から外す。

※このコメント欄では関連画像を添付できないので、私のblogに書く予定です。

※因みに、WiFiを5G波しか使わない理由は、私の以下のblogと日記に書いていますので、ご覧くだされば幸いです。

https://24267456.at.webry.info/201911/article_1.html

http://community.phileweb.com/mypage/entry/4637/20191129/63972/

>シェルティのパパさん
>
コメントありがとうございます。参考になったようで何よりです。
家はワンルームなので接続に苦慮していませんが、一応ルーターを少しハイスペックなものに交換かつ、インターネットと隔離したオーディオ専用とすることで音質改善しています。

再度お邪魔いたします。

私のやった改善策(スマホの設定)は、同様なことが当スレッドにもあるようですが、ご参考までに、拙ブログを貼らせて頂きます。

https://24267456.at.webry.info/201912/article_1.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JPLAYで曲飛ばしとリピートさせないように対策 Bubble UPnP編:

« JPLAY FEMTOを JRiver 24を使って再生する方法 | トップページ | Androidスマホのスリープさせないように設定する »

SNS

  • SNS






  • ランキング