無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

« ネットワークカードIntel I350-T2が届いたが、しかし?! | トップページ | JPLAY FEMTOのライセンスの再アクティベーション »

2019-03-04

JPLAY FEMTOのアクティベーションの解除申請

昨日、購入したIntel Server Adapter I350-T2をオーディオPCで使おうとしたがJPLAY FEMTOでライセンスエラーが出てしまって使えない事を書きました。

 

 
そして本家サポートにアクティベーションの解除申請したところ、アクティベーションした日付がコントロールPCとオーディオPCでなぜか1ヵ月半のずれがあり、「どちらを解除する?IPアドレスを参照してくれ。」と返信が来ました。 

Ip

 

 

 

なのでデュアルPCでアドレスを調べようとしたわけですが。

 

詳しくは続きへ

 

サポートから参照しろと提示されたIPアドレスは30桁前後の数字とローマ字交じりのアドレスでした。

 

アドレスの上半分はコントロールPCとオーディオPC共に共通しているので、下半分で比較すればいいということが分かります。

 

 

 

始めにネットワークと共有センターからイーサネットの詳細を見てみましたがよくわからず。次にコマンドプロンプトで”ipconfig”で調べるとリンクローカルIPV6アドレスの数値とサポートが提示してくれた下半分と一部一致していました。(実は詳細のほうにもIPV6アドレスは載っていたw)

 

 

 

オーディオPCとコントロールPCでそれぞれリンクローカルIPV6アドレスを調べるとそれぞれ提示してくれたアドレスと一致したので、それを載せて解除申請をしました。

 

 

 

 

 

 

 

リンクローカルIPV6アドレスはfe80::○○/10(下2ケタは変わる)の○○の部分で区別が付けられる。

 

 

 

上の画像はオーディオPCのコマンドプロンプトで「ipconfig」を実行したところで、Ethernet:がデュアルPC接続しているLANポート(NIC)。

 

Ethernet 2:がインターネット接続した時のLANポート(オンボード)になる。Ethernet 2:のリンクローカルIPV6アドレスの四角黄色で隠した部分が提示してくれたアドレスと一致。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本家にサポートしてもらうには?

 

 

 

JPLAY euのサイトには”公開”しているフォーラムがあります。

 

設定や再生方法などについてはこちらを参照するか質問すれば他のユーザーさんや開発者がコメントしてくれるので大体のことが解決できると思います。基本的に英語でレスしているのでページごとGoogle翻訳を通せば大まかに内容は分かります。

 

 

 

今回のアクティベーションの解除申請は、ライセンスキーを載せておく必要があるのでメールで送ります。サイトの一番下に記入欄があるのでそちらに名前、メールアドレス、コメントを入れて送信すればOKです。

 

日本語で書いたのをGoogle翻訳通して英語で載せれば大丈夫です。日本語は主語述語を省略しがちなので英会話教室で勉強しているつもりで翻訳させた方が伝わりやすいと思います。

 

 

 

アクティベーションの解除申請には製品版を購入した時にもらえるライセンスキーとアクティベーションした日付を載せておくことを忘れずに。

 

 

 

間違ってもライセンスキーをフォーラムに記述しないように!!気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応申請した時の内容

 

 

 

------------

 

はじめまして

 

JPLAY FEMTOをデュアルPCで使ってます

 

NIC変えたらライセンスエラーになるからアクティベーション取り消したい。

 

日付、2台目のPC

 

ライセンスキー

 

------------

 

 

 

本当はもう少し細かい内容ですが、こんな感じのコメントをGoogle翻訳して送りました。

 

小難しい文言を入れるより、中学の時の英語の授業で扱うような内容になれば伝わると思います。

 

 

 

名前は漢字とローマ字表記、当たり前だけど製品版購入時の名前にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回なぜか自分が思っていたアクティベーションの日付や順番が異なっていたので、リンクローカルIPV6アドレスで区別することになりました。

 

基本的にIPV6アドレスでの判別は受け付けていないと思いますので、ちゃんとアクティベーションの日付で申請したほうが良いと思います。

 

 

 

それにしてもなんで1か月半もずれたのだろう?全く思い当たる節がない。

 

 

 

 

 

 

 

JPLAY FEMTOが販売されてから早4か月になり、そろそろPCのアップグレードやパーツ交換したい方が出てくると思うので参考になれば幸いです。

 

 

 

PC本体、マザーボードなど一式交換すれば試用版で再生確認できると思うので、先に確認しておいてから取り消し申請するようにした方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ネットワークカードIntel I350-T2が届いたが、しかし?! | トップページ | JPLAY FEMTOのライセンスの再アクティベーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

JPLAY」カテゴリの記事

ネットワークオーディオ」カテゴリの記事

コメント

 今日は。重松と申します。
前々から貴方様のブログを興味深く拝見させています。
私も皆様に刺激を受け、jplay femotoを導入し、微力ながら2pc
にて楽しんでおりました。しかし2台目のpcが古く非力なため
貴方様のブログを参考に、2台目pcの解除申請をjplay.ecに致しました。
 1日後jplay.ecより返事がきましたが当方のipアドレスとはかなり違う
アドレスがふたつ送られてきました。リンクローカルip v6アドレス
ではなくip v4アドレスで当方のものとはかなり違っています。
お忙しい折大変申し訳ないのですがご教示いただけないでしょうか。


>重松直光さん
コメントありがとうございます。
多分ですが送られてきたアドレスはIPv6アドレスそのままではなく、グローバルIPアドレスと組み合わさったものだと思うので記事上部の様にIPv6アドレスと一致している部分があるかと思います。また、複数ネットワークアダプターが存在するとアドレスもそれぞれ違うのでよく照らし合わせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JPLAY FEMTOのアクティベーションの解除申請:

« ネットワークカードIntel I350-T2が届いたが、しかし?! | トップページ | JPLAY FEMTOのライセンスの再アクティベーション »