« Linuxに中華製格安USB3.0無線lan子機をインストール | トップページ | UbuntuServerにMinimserverインストール »

2023-08-12

Original fanless PC case for Audio

オリジナルでファンレスPCケースを作ってみる

Original-fanless-pc-case-for-audio

PCオーディオをしているとファンの音が気になることがあり、ファンレスケースを作りました。市販のケースは構造が気に入らないのでオリジナルで設計製作しました。

ファンレスケースの作り方

Dsc_1263

メインシャシーとなる底部のアルミ板

Dsc_1264

後で説明しますが、どうしても厚みが欲しい為、底板を2重にするために板に銅の角棒を梁として付けます。

Dsc_1265

マザーボードを取り付ける底部の銅板

Dsc_1266

補強を兼ねて電源とマザーボード部の部屋分ける仕切り板

Dsc_1267

銅板に取り付け

Dsc_1268

銅板とメインシャシーを合体

Dsc_1269

バックパネル、厚みが4mmあるのでIO部はミリングマシン掘り下げて穴開け
拡張ボードのマウンター10㎜厚のアルミ板を取り付け

Dsc_1270

メインシャシーに取り付け
電源コネクターはノイトリック製

Dsc_1271

拡張カード部もい1㎜程座繰り加工しています。この辺の規格寸法が分からなくて、汎用ケースを実測しながら製作。

Dsc_1272

拡張カードのマウンターが底板より出てしまうためメインシャシーに厚みを持たせるため底板を2重にしました。

Dsc_1274

電源
ニプロン製24V入力ファンレス電源PCFD-180P-X2Sです。自然空冷時90w取れます

Dsc_1275

ヒートシンクが熱を伝えきれてないので銅板で作り直し


Dsc_1276 Dsc_1277 Dsc_1278

メインシャシーにインストール
Vitropermのコモンモードチョークフィルターをおまけで付けました

Dsc_1350

ハーネス加工
ニプロン製ハーネスもありますが、オーディオ用ですから拘ってオヤイデ電気の102sscで作ります。チューブは100均の中空紐で作りました。

Dsc_1279 Dsc_1281 Dsc_1282 Dsc_1283 Dsc_1302

マザーボードはASRock H570 Steel Legend

Dsc_1303

結構発熱があるチップセットヒートシンクを交換します

Dsc_1304

ヒートパイプのマウンター、銅とアルミで構成。ボールエンドミルで溝入れしたが、寸法が上手く出ないので板を合わせた状態でドリルで穴を均しました。

Dsc_1305

M2のスペーサー。ねじ切り細すぎて怖い

Dsc_1306

シリコングリス塗り

Dsc_1307

ヒートパイプ取り付け

Dsc_1308

熱伝導シート1㎜厚貼って

Dsc_1309

インストール

Dsc_1310

CPU用ヒートパイプ
寸法通り曲げるのが難し過ぎる

Dsc_1311 Dsc_1312 Dsc_1316_20230811153101

インストール
バランス悪いね。でも冷えるのでOK

Dsc_1318

天板との接触部にシリコングリス。
面でなく線接触ですが十分冷えるんです。

Dsc_1319

電源にハーネス接続

Dsc_1320

SATAケーブルもAug-lineで作ったオリジナル。3重シールドでノイズレスです。

PCオーディオ用SATAケーブルに最適なのはオーグライン!!

Dsc_1321

ハーネスちょっと長すぎた

Dsc_1322

天板にヒートパイプ接続部品取り付け

Dsc_1323

メインシャシーに取り付け

Dsc_1324 Dsc_1325 Dsc_1327

ネジ締めてヒートパイプを天板に接触
ヒートパイプのステーを溝入れた方が熱伝導効果は高いですが、寸法を合わせるのが難しいため平のままです。そうすることでネジを締めた時にヒートパイプが回転することで長さが丁度合う構造です。

Dsc_1328 Dsc_1315 Dsc_1314

インシュレーター取り付け

Dsc_1329

フロントパネル部品

Dsc_1330 Dsc_1331 Dsc_1333 Dsc_1334

タクタイルスイッチ取り付け

Dsc_1335

フレキシブルLED取り付け
設計時はフレキシブルLEDの存在を知らずチップLEDで作ろうとしてて、スイッチパネルの構造に失敗しました。表面処理も失敗したので後で作り直したい。

Dsc_1337

フロントパネルにスイッチパネル取り付け

Dsc_1336

固定用のステーを取り付け、フロントパネルの縁に天板が入るように溝入れしてます。

Dsc_1340

メインシャシーに取り付け

Dsc_1343Dsc_1344

組み立て完了
スイッチパネルとフロントパネルはサンドブラストしました。が、メディアの砂を間違えて綺麗にできませんでした。これも後でやり直しだ。

Dsc_1345

ぴったしカンカン!

Dsc_1339

ケーブル付けてみる
ぶっちゃけキーボードPS/2接続の穴はギリギリでした。後で広げないと、

Dsc_1338Dsc_1347

電源コネクター接続して起動!
ノイトリックのコネクターは本当は出力と入力で色分け指定されてるみたいだけど、知るか!

 

起動確認はYoutubeに上げてます。
CPU設定でターボブースト、スピードステップ、ハイパースレッディング機能はオフにしています。その状態でOCCTで負荷を掛けると20分で65℃前後で安定しました。オーディオ利用ではCPUの使用率数%程度なので十分な冷却性能だと思います。

 

 

材料価格(参考)

価格は購入当時の価格です。送料含まず。

天板   360×620 t2.0    1,415
底板   353×430 t2.0       768
前面   100×440 t10.0  1,574(4面フライス)
背面     95×430 t2.0        536 
中板   344×430 t2.0    5,329
化粧板  75×75  t15           356


角棒   6角×430                503×2本
角棒   6角×418                495×2本
角棒   6角×332                434×2本

電源ヒートシンク               2228

ヒートパイプ ×6本           4,021
ヒートシンクユニット        4,287

チップセット
ヒートシンク一式            1,250

フレキシブルLED           400

合計                            24,194円

 

« Linuxに中華製格安USB3.0無線lan子機をインストール | トップページ | UbuntuServerにMinimserverインストール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

PCオーディオ」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Linuxに中華製格安USB3.0無線lan子機をインストール | トップページ | UbuntuServerにMinimserverインストール »

無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • ads.txt
    google.com, pub-9355491357603372, DIRECT, f08c47fec0942fa0
  • Clarity
  • アドセンス
  • LinkSwitch
  • 楽天市場