無料ブログはココログ

スポンサー飲み物

  • LinkSwitch
  • ハイレゾ
  • 楽天市場

パソコン・インターネット

2019-06-26

ニプロンのATX電源でPCオーディオの音質は変わらないのか?

PCオーディオで最も音質に影響を及ぼすパーツは?

 

PCオーディオをしているとよく聞くのが、

デジタル不変の法則により” PCのパーツ交換したぐらいで音質には影響しない。”ということ

私は自作ができる程度しかパソコンには詳しくありませんから、どのようにオーディオ信号が処理されているか全くわかりません。しかし、自作したPCでもマザーボードが違えば微妙に変わってきますし、CPUの違いでもだいぶ変わってきます。ハードだけでなく再生ソフトはもちろんOSが変わるだけでも、何ならOSのプロセスカットするだけでも音質はコロコロ変わってしまいます。

理屈で○○だから変わらないというのは簡単です。だがしかし、交換して変わる以上理屈で説明できなくても変わるのは事実なので仕方ありません。だったら音質向上することはとことんやるべきですよね?
 
昔からPCオーディオで人気だったシーソニック製の電源は以前私も使ったことがあり、電源容量も相まってかなりの変化を感じました。現在使用中の電源は中古で仕方なく手に入れた400Wの電源なのもあり、思い切ってニプロン製に交換してみることにしました。Comcam_20190602_021314288

購入したmPCSA-500P-X2S、医療安全規格に適合したATX電源。

さて音はどのように変化したのでしょうか。続く

 

続きを読む "ニプロンのATX電源でPCオーディオの音質は変わらないのか?" »

2019-04-25

DD-WRT化したルーターで中継器にする方法

中継機能でWi-Fi接続できる範囲を広げよう

 

前回はBuffaloのルーターWZR-HP-G301NHをDD-WRT化しイーサネットコンバータ化しました。
純正ファームウェアにあった中継機能は同じ系統のエアーステーション(無線LANルーター)でないと中継器として設定できないようでした。AOSS対応であれば何とかなるかもしれない?
他社製品や世代の違うルーターと中継器として設定できないのはいかがなものか、純正ファームウェアのままではあまりメリットがありません。

手動による親機と中継器の設定ができなさそうなので、DD-WRT化したルーターで中継器の設定を検索すると沢山出てきました。簡単そうなので試しに設定してみました。

Ddwrt10

 

 

続きを読む "DD-WRT化したルーターで中継器にする方法" »

2019-04-22

WZR-HP-G301NHをDD-WRTでイーサネットコンバータ化する方法

標準では無かったイーサネットコンバータ機能を追加させる方法

イーサネットコンバータとは何のことかというと、無線LAN機能がないPCやNAS等に接続して無線LAN子機の代わりとして使うことができます。
安価なUSB子機も1000円程度で入手できますが、こういうちょっとした知識があれば古いルータなどを再利用できたりしてとても便利だと思います。
WZR-HP-G301NHはBuffaloのファームウェアのままではイーサネットコンバータにはできません。あっても中継機能まで。
最近のルータはイーサネットコンバータ化も簡単にできるようになっていますが、ジャンクのWZR-HP-G301NHを540円で入手できたのでDD-WRTにファームウェア書き換えでイーサネットコンバータ化に挑戦してみることにしてみました。リサイクルショップを探せばもっと安いモノがあるかも?
Comcam_20190415_112903307

ジャンクということもありWZR-HP-G301NH本体のみでACアダプターなどは付属していませんでした。

 

 

続きを読む "WZR-HP-G301NHをDD-WRTでイーサネットコンバータ化する方法" »

2019-02-05

ナスネをnasne ACCESSに登録と使い方

前回nasneを2台持ちするべき理由を書きましたが、ほとんど使い方の説明だけに終わりました。

今回はnasneをもっと便利に使う方法を教えます。
 
nasneは録画できるNASですが、当然普通のファイルサーバーとしても使えます。Windowsのexplorerからはネットワークを開いてフォルダを開けば普通にファイルサーバーとして使えます。
スマホからもnasneにアクセスできればファイルサーバーとして使えます。私はスマホで撮影した画像やスクリーンショットなどをnasneに保存してバックアップしたり、加工してブログ等で使用しています。
 
更にnasne ACCESSはホームネットワークだけでなく宅外からインターネット経由でアクセスも可能です。

120

続きを読む "ナスネをnasne ACCESSに登録と使い方" »

2019-02-01

超便利!!nasneは外付けHDDより2台目を追加すべき&設定

 

2台目nasne追加で簡単に2番組同時録画

 

 
nasneはTV録画もできるNAS。だけど今どきチューナー1台しか付いてない悲しい仕様。
録画しながら他の録画しておいた番組は試聴できるが、録画しているチャンネル以外の放送中番組は見られない。残念!!
 
しかも内蔵HDDは1TBと半端な容量。私の様に録っては消去の繰り返しなら十分ですが、映画など長時間番組の録画をしばらく残しておきたい方には直ぐ満杯になってしまうでしょう。nasneはUSB端子があり外付けHDDを追加して録画容量を増設することが可能です。
だがしかし、外付けHDDは容量が増やせても2番組同時録画できるようにはならないし、接続したnasneが壊れたら外付けHDDのほうの録画番組も見られなくなってしまうのでお勧めできません。
 
なので、どうせHDDを増やすならnasneを追加したほうが超絶便利で快適TVライフを満喫できちゃいます!

Comcam_20190130_112500443_2

 

 

 

続きを読む "超便利!!nasneは外付けHDDより2台目を追加すべき&設定" »

2018-08-24

SATAケーブルをファインメットビーズでノイズ対策

PC内部のノイズはファインメットが効果的

 
以前SSDのコネクタが破損したのをきっかけに、銀メッキ単線でSATAケーブルを自作してみました。わずかながらPCオーディオの音質に貢献しているようなので、余っていたファインメットビーズでノイズ対策したらどうなるのか試してみたくなりました。
 
この発想はUSBケーブルに信号線にファインメットビーズを通したところかなりの改善効果があったので、もしかしたらSATAケーブルでも同様に効果があるのではないかと考えました。

1534315237190

続きを読む "SATAケーブルをファインメットビーズでノイズ対策" »

2018-08-07

ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定

インストールしてすぐ使えるAsset UPnPの使い方

 
 
多くの方がネットワークオーディオにはNASが必要と思われてますが、ネットワークプレイヤーとメディアサーバがあれば再生は簡単です。
メディアサーバはNASだけでなくPCでも構築できます。そう、AssetUPnPをインストールさえすればね。これでネットワークオーディオの準備はOK
後は、コントロールアプリをスマホやメインPCにインストールすればOK! 
 
ネットワークオーディオを始めるにあたっての問題点として、ネットワークプレイヤーによっては再生できるフォーマットが限られている場合もあります。しかし、ユーザーによってはリッピングしたCD音源やハイレゾ音源、MP3など様々なファイルフォーマットがHDDに格納されている事でしょう。
Macユーザーの中にはAIFFを使われている方もいるでしょう。
それらほぼ全てのフォーマットに対応したメディアサーバがAsset UPnPです。
 
Asset UPnPはMinimServerと違い初めからトランスコードが備わっており、WAVしか受け付けないJPLAYのようなプレイヤーにもクリック一つで対応できるようになります。
また、ファイルを再生するときにツリーから探索しますが、そのツリーの構造もカスタマイズでき、クラシック好きや大量のファイルをお持ちの方には大変便利なソフトだと思います。
 
 

続きを読む "ネットワークオーディオ用サーバソフトAsset UPnPの設定" »

2018-07-04

IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その2

前回IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その1 の続き

 
オヤイデ電気で購入したIS-707の切り売りLANケーブルですが、市販の安いプラグに太い心線(1.3mm)が入らず作成を断念しました。
そこでネットで探してみるとPanasonicのぐっとすプラグ CAT6 NR3555という製品を知り、構造的に0.5mmの単線も使えそうだったので買ってみました。
LANケーブルの外径(IS-707は7.5mm)にはギリギリ入る感じでしたが、心線はしっかりと入り使用できたのでグッドなプラグでした( ̄▽ ̄)b
 

1530508121699

続きを読む "IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その2" »

2018-06-30

IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その1

オーディオ用のLANケーブルは必要なのか?

 
PCでオーディオをするときに音源をどこに置くかで音質が変わってきます。同じデジタルならどこに置こうが変わらないと思うかもしれませんが、一聴すればすぐにわかるレベルです。
よく言われるのがPC内蔵HDDより外付けハードディスク、さらにNASに置いた方が良いということも聞かれます。
 
最近はPCオーディオから発展したネットワークオーディオも人気になっています。これは先ほど述べたようにPC内蔵よりNASに音源があるほうがいい理由と同じで、ネットワーク経由で音楽ファイルをストリーミングしたほうが音質が良くなります。
 
そしてネットワークオーディオに必須なLANケーブルも様々な要因で音質に影響を及ぼしているので、これもしっかりオーディオに最適なケーブルを使うことを推奨します。
しかし、オーディオ用のLANケーブルは当然高いです。Beldenのようなコスパの良い製品もありますが、以前作った銀メッキ線のクロスケーブルがすこぶる良かったので、ルーターからPCトランスポートへのLANケーブルも銀メッキ線で行こうと思い、今回オヤイデの切り売りでIS-707を買ってみました。

Img_20180629_155232

続きを読む "IS-707でオーディオ用 LANケーブルの作り方 その1" »

2018-04-03

intel製チップ搭載NICは蟹よりも音質がいいの?

以前USB-LANアダプタからAREA製Realチップ搭載NICに交換したところJPLAYシステムの音質改善に成功したので、今回はインテル製チップのNICを試してみることにしました。ついでにデュアルポートのNICでオンボードLANポートを使わない実験もしてみます。
 
私はそもそもオンボードのLANでいいじゃないかと思っていた。というのもNICを挿したら余計な仕事が増えてノイズが増えてしまうのでは?と思っていたので、しばらくの間USB-LANアダプターでJPLAYStreamerを利用していました。
 
しかし、ネット上でUSB-LANアダプターよりNICのほうが音が良いということで試してみたくなり、安いAREA製を購入してみたわけです。
そしたらUSBは2.0規格のため100Mbpsしか出ないのもあるかと思いますが、NICにしたことで速度アップと安定性向上で音質がハッキリと良くなりました。

1522466888892

 
そして更にLANチップの違いでも音が変わるということで、Intel製チップ搭載のNICを試してみることにしました。
 
 
以前の記事
 
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

続きを読む "intel製チップ搭載NICは蟹よりも音質がいいの?" »

より以前の記事一覧